Ocean Newsletter

【Ocean Newsletter】バックナンバー
【311号(発行:2013.07.20)より、「Ship & Ocean Newsletter」から「Ocean Newsletter」へ改題しました。】

2022年度

  • 第531号(2022.9.20 発行)
  • ウナギの産卵場所予測と観察
    (国研)海洋研究開発機構アプリケーションラボ気候変動予測応用グループ副主任研究員◆Yu-Lin Eda CHANG
  • 海洋波の研究を発展させた人々
    九州大学名誉教授、スベルドラップ・ゴールドメダル受賞◆光易 恒
  • 次世代に繋げるシーマンシップ~海の環境を守るためのセーラーからの提言~
    プロセーラー、日本ヨットマッチレース協会会長◆伊藝徳雄
  • 編集後記
    日本海洋政策学会会長◆坂元茂樹
  • 第530号(2022.9.5 発行)
  • 浮体式洋上風力発電への期待
    長崎大学海洋未来イノベーション機構コーディネーター◆織田洋一
  • 「私たちの海洋会議」のコミットメント〜その意義と課題〜
    (公財)笹川平和財団海洋政策研究所上席研究員◆渡邉 敦
  • 有明海の干潟がつなぐ高校生の環境保全活動
    森里海を結ぶフォーラム事務局担当、「環有明海高校生サミット」主催者◆鈴木弘章
  • 編集後記
    帝京大学先端総合研究機構 客員教授♦窪川かおる
  • 第529号(2022.8.20 発行)
  • 新たな「水産基本計画」
    水産庁企画課企画班課長補佐◆宮内克政
  • 次世代の海洋産業人材の育成に向けて
    東京大学大学院新領域創成科学研究科海洋技術環境学専攻准教授◆和田良太
  • パラサーフィンを楽しめる環境を目指して
    千葉県いすみ市水産商工観光課◆泉水正美
  • 編集後記
    日本海洋政策学会会長◆坂元茂樹
  • 第528号(2022.8.5 発行)
  • カーボンニュートラルポート(CNP)の形成に向けた取り組み
    国土交通省港湾局産業港湾課企画調整官◆伊藤寛倫
  • 豊かな沿岸を育む森林の役割
    北海道大学水産科学研究院教授◆笠井亮秀
  • 海洋教育から宇宙食開発を実現させた鯖缶
    福井県立若狭高等学校教諭◆小坂康之
  • 編集後記
    帝京大学先端総合研究機構 客員教授♦窪川かおる
  • 第527号(2022.7.20 発行)
  • 世界海事大学の将来への展望
    世界海事大学学長◆Cleopatra DOUMBIA-HENRY
  • 海洋・沿岸域で求められる適応策 〜IPCC第6次評価報告書第二作業部会報告書を受けて〜
    (公財)地球環境戦略研究機関研究員◆椎葉 渚
  • 無人運航船の未来創造 〜多様な専門家で描くグランドデザインDFFAS Project〜
    DFFAS Project プロジェクトリーダー、(株)日本海洋科学運航技術グループ長◆桑原 悟
  • インフォメーション
    日本海洋政策学会が「次期生物多様性国家戦略に向けた意見書」提出
  • 編集後記
    日本海洋政策学会会長◆坂元茂樹
  • 第526号(2022.7.5 発行)
  • 海中IoTの実現に向けて─水中光無線通信
    (株)島津製作所航空機器事業部磁気装置部部長◆西村直喜
  • ここまで分かったウミウの繁殖生態〜宇治川鵜飼のウミウの産卵、その後〜
    国立民族学博物館人類文明誌研究部准教授◆卯田宗平
  • 博物館におけるデジタルの活用と深化
    海と博物館研究所所長◆高田浩二
  • 編集後記
    帝京大学先端総合研究機構 客員教授♦窪川かおる
  • 第525号(2022.6.20 発行)
  • 「国連生態系回復の10年」と里海
    国連大学サステイナビリティ高等研究所プログラムコーディネーター◆柳谷牧子
  • 釣りを持続的に楽しむための制度と課題
    釣りタレント◆高本采実
  • ガチンコファイト航海記〜深海の世界とは〜
    東北大学理学部地球惑星物質科学科3年◆角南沙己
  • 編集後記
    日本海洋政策学会会長◆坂元茂樹
  • 第524号(2022.6.5 発行)
  • 海氷の変化から見る北極海のこれから
    国立極地研究所副所長、国際北極科学委員会(IASC)Vice-president◆榎本浩之
  • 海洋プラスチック問題に関するUNEAの議論の展開
    (公財)笹川平和財団海洋政策研究所研究員◆朱 夢瑶
  • ごみ浜に挑む
    (一社)E.Cオーシャンズ代表理事、2021海ごみゼロアワードAEPW賞受賞◆岩田功次
  • 編集後記
    帝京大学先端総合研究機構 客員教授♦窪川かおる
  • 第523号(2022.5.20 発行)
  • 道東海域における赤潮発生メカニズムと考えうる防除対策
    北海道大学大学院水産科学研究院准教授◆山口 篤
  • 地域主体のSDGs「海の環境認証ブルーフラッグ」
    (特非)FEE Japan理事長◆伊藤正侑子
  • 山梨県における棘皮動物を題材とした海洋教育
    山梨大学大学院総合研究部医学域基礎医学系解剖学講座構造生物学教室特任助教◆塙 宗継
  • インフォメーション
    『海洋白書2022』の刊行について
  • 編集後記
    日本海洋政策学会会長◆坂元茂樹
  • 第522号(2022.5.5 発行)
  • トンガ海底火山噴火:海洋国家・火山大国ニッポンへの教訓
    神戸大学海洋底探査センター客員教授◆巽 好幸
  • 沿岸域研究の現状とこれから:海洋学の10年展望2021より
    九州大学応用力学研究所准教授◆木田新一郎
  • ゲノム編集による養殖魚育種の加速化
    京都大学大学院農学研究科准教授◆木下政人
  • 編集後記
    帝京大学先端総合研究機構 客員教授♦窪川かおる
  • 第521号(2022.4.20 発行)
  • 海洋・沿岸域の総合的管理の実現を 〜日本海洋政策学会・日本沿岸域学会合同アピール〜
    東海大学海洋学部海洋理工学科教授、日本海洋政策学会・日本沿岸域学会合同アピール委員会共同委員長◆脇田和美
  • 札幌ワイルドサーモンプロジェクト 〜都会でもサケがサケらしく暮らせますように〜
    東京大学大気海洋研究所教授、札幌ワイルドサーモンプロジェクト共同代表◆森田健太郎
  • 海民バジャウにみる資源利用の技法
    東洋大学社会学部国際社会学科教授◆長津一史
  • 編集後記
    日本海洋政策学会会長◆坂元茂樹
  • 第520号(2022.4.5 発行)
  • 生物に学ぶ船舶の低炭素化
    (国研)物質・材料研究機構理事長特別補佐、統合型材料開発・情報基盤部門データ駆動高分子設計グループGL◆内藤昌信
  • 近世の駿河湾漁況変動と自然資源利用
    東京農工大学農学研究院共生持続社会学部門教授◆高橋美貴
  • “足元の海”から始める海洋リテラシー
    岸壁幼魚採集家、海あそび塾塾長◆鈴木香里武
  • インフォメーション
    『コモンズとしての海』海とヒトの関係学第5巻 刊行
  • 編集後記
    帝京大学先端総合研究機構 客員教授♦窪川かおる
ページトップ