SPF China Observerとは

 国際社会のレベルでは、いわゆる「中国の台頭」が構造的ストレスを生じさせているとも言われます。2017年5月に開催された一帯一路サミットにおいて、習近平国家主席は、あたかも中国が自由貿易の旗手であるかのように振る舞いました。「アメリカ・ファースト」を掲げるトランプ大統領とは対照的に見えたのです。
 中国は国際的な経済ルールを自らデザインしようとしています。米国にとっては、これまで米国が主導してきた国際秩序に、中国が挑戦しようとしていると受け止められるかもしれません。米国防総省は、2018年1月19日公表した戦略文書「国家防衛戦略」で、中国とロシアとの競争を最優先事項と位置づけました。過去15年間優先してきた「テロとの戦い」から方針を転換したのです。
 一方の中国の最優先事項は何でしょうか?米国に挑戦して国際秩序を創り直すことが目的なのでしょうか?実は、国際社会のレベルで中国の行動を見ているだけでは、これらの問いに正確に答えることはできません。2017年10月18日に開幕した第19回中国共産党全国代表大会は、中国共産党が自らの権威を高めなければならないという危機意識を持ち、組織及び社会の管理を強めている状況を改めて意識させるものでした。
 中国の国内政治や社会そして経済の状況を知ることは、中国の外交や安全保障政策の意味を理解することにもつながります。日本が、中国にどのように対応していくのか考える際に、こうした理解は役に立つはずです。
 「SPF China Observer」は、日本国内の中国専門家が、中国の政治、経済、社会、外交、安全保障についての定点観測を発信します。読者の皆様の中国理解の一助になれば幸いです。

プロジェクトコアメンバー

監修(クオリティー・チェック)

監修(編集)

パネルディスカッション

笹川平和財団では、『中国の定点観測』プロジェクト『SPF China Observer』の一環として、CSISのボニー・グレイザー女史、自民党の松川るい参議院議員、東京大学・高原明生教授、笹川平和財団の小原凡司上席研究員による公開フォーラムを開催しました。中国の言う「新時代」の外交及び安全保障の分野における意義等について議論しています。皆様の中国理解の一助となれば幸いです。

»詳しくはこちら

日本語版

English subtitles

論考シリーズ
※無断転載禁止

論考シリーズ

第10回論考 2018/08/19

【SPF China Observer】米国との対立に備える中国

井上 一郎(関西学院大学教授)

»続きを読む

第9回論考 2018/08/12

【SPF China Observer】中国経済の現状

田中 修(奈良県立大学特任教授)

»続きを読む

第8回論考 2018/08/11

【SPF China Observer】習近平政権が進める「宗教の中国化」とは

江藤 名保子(日本貿易振興機構アジア経済研究所地域研究センター研究員)

»続きを読む

第7回論考 2018/08/10

【SPF China Observer】中央外交工作会議の開催と習近平外交思想の実践

諏訪 一幸(静岡県立大学国際関係学部教授)

»続きを読む

第6回論考 2018/06/12

【SPF China Observer】習近平政権下の強硬な都市再開発事業は成功するのか-「城中村」(都市の中の農村)=「市民」不在の無法地帯の行方-

阿古 智子(東京大学大学院総合文化研究科准教授)

»続きを読む

第5回論考 2018/06/11

【SPF China Observer】「新時代」中国の中央集権化と法治

金野 純(学習院女子大学准教授)

»続きを読む

第4回論考 2018/05/07

【SPF China Observer】外交体制を強化する第二期習近平政権

井上 一郎(関西学院大学教授)

»続きを読む

第3回論考 2018/04/10

【SPF China Observer】習近平「新時代」の安全保障上の意味

小原 凡司(笹川平和財団上席研究員)

»続きを読む

第2回論考 2018/03/05

【SPF China Observer】ミッソン「ダム」のいま -中緬関係から見た中国の「周辺外交」-

諏訪 一幸(静岡県立大学教授)

»続きを読む

第1回論考 2018/03/05

【SPF China Observer】習近平経済思想と2018年の経済政策

田中 修(財務総合政策研究所 中国研究交流顧問)

»続きを読む

ページトップ