ページトップ

中国の対外経済支援等データ分析

笹川平和財団では、2017年度から2019年度にかけて、東京大学・川島真教授監修の下、小原凡司上席研究員をプロジェクト・リーダーとして、早稲田大学・北野尚宏教授および日本貿易振興機構アジア経済研究所・大西康雄上席主任研究調査員をプロジェクトに迎え、中国の対外経済活動についてのデータ収集を行った。
本プロジェクトでは、中国の外交・安全保障政策と対外投資との関連性を検証するため、特に、港湾を中心に、関連する鉄道、道路、飛行場、発電所等の建設・運営に対する援助および投資についてデータベースの構築を試みた。
地図アプリは、このデータベースのデータを地図上に可視化したものであり、タイムスライダーによって時期ごとの中国の対外経済活動を理解できる仕様としている。データは2019年9月までに収集できたものであり、データベースは逐次更新される。

地図を全画面で表示する

関連論文一覧

掲載論文は、収集したデータを基に各プロジェクト・メンバーが分析を行ったものである。

中国企業の海外における港湾建設、運営事例:カメルーン・クリビ港

北野 尚宏

»続きを読む

一帯一路構想下の中国の国際港湾投資

大西 康雄

»続きを読む

中国の港湾建設・経営の意図とその課題
−タンザニア・バガモヨ港建設停止を事例として−

川島 真

»続きを読む

「中国の対外支援等データ分析」プロジェクト
中国の海外港湾に対する投資と背景

小原 凡司(笹川平和財団上席研究員)

»続きを読む