動画コンテンツ

  • 日米グループ

    2019.05.16up

    インド太平洋地域の米国との関係と日米

    笹川平和財団日米グループでは、「Japan Matters for America / America Matters for Japan(日米相互依存の見取り図)」(以下JMA/AMJ)第3弾の完成を記念して、4月15日(月)に「How Japan Matters for America in Indo-Pacific―インド太平洋地域の米国との関係と日米―」をテーマにパネルディスカッションを開催しました。

    当財団は、2009年度より、米国イースト・ウェストセンターと協力し、JMA/AMJシリーズを作成しています。JMA/AMJは、同センターワシントンD.C.事務所長のサトゥ・リマイェ博士が中心となって実施している「Asia Matters for America」シリーズの一つであり、日米の相互依存関係を、同盟、貿易、雇用、投資、観光、教育、人口、姉妹都市等の観点から、両国の地域レベル(州、県、市)にまで落とし込んだ調査を実施し、日英2言語で包括的かつ具体的に図解した冊子です。またウェブサイトでは、米国の州別等のより詳細なデータも見ることができます。

    本パネルディスカッションでは、この最新版JMA/AMJを紹介すると共に、ASEANやオーストラリアなど、他の「Asia Matters for America」シリーズを通して見えてくる米国とインド太平洋地域との関係と比較しながら、大きく地域が揺れ動く時代に、日米関係、日米同盟がこの地域でどのような特徴を持っているのか、相対的にどう重要なのかといった点を、リマイェ博士に加えて、インド太平洋地域の国際関係に詳しい3名の日本人専門家をパネリストに迎えて議論しました。

    もっとみる...
  • 安全保障研究グループ

    2018.12.26up

    笹川平和財団主催「北朝鮮の非核化プロセスと米国の経験」

    笹川平和財団は「「日米同盟の在り方研究」プロジェクト」事業の一環として、2018年10月2日に、イランの非核化の合意に至る米国の経験も踏まえ、北朝鮮の非核化に何が必要なのかを下記の専門家をお招きし、北朝鮮の非核化プロセスと米国の経験と題し、フォーラムを開催しました。
    フォーラムの概要)https://www.spf.org/seminar/list/20181002.html

    2018年6月12日の米朝首脳会談において、「朝鮮半島の非核化」が合意されましたが、北朝鮮は未だ自らの核兵器を放棄する行動を見せていません。


     北朝鮮の非核化が話題になる中、理想主義だけで軍縮および非核化が実現できると錯覚しがちな私たちは、今一度、非核化を実現するために具体的なプロセスを理解する必要があるでしょう。そして、そのプロセスを推進するためには、現実主義的な思考と軍事・武器に対する理解が必要であることも認識しなければなりません。

     笹川平和財団では、2018年10月2日に、イランの非核化の合意に至る米国の経験も踏まえ、北朝鮮の非核化に何が必要なのかを下記の専門家をお招きし、議論しました。

    もっとみる...
  • 安全保障研究グループ

    2018.11.19up

    笹川平和財団 公開フォーラム SPF China Observer「激動の中国を語る」

    2018年9月29日に笹川平和財団主催 公開フォーラムSPF China Observer「激動の中国を語る」を開催しました。
    笹川平和財団安全保障事業グループでは、「中国の定点観測」プロジェクトとして、中国の政治、経済、社会、外交、安全保障の各分野の専門家が定期的にその分析を発表するウェブサイトを運営しています。
    詳しくはこちらをご覧ください。https://www.spf.org/spf-china-observer/

    論考集の発刊に際し、本公開フォーラムに論考執筆者を招き、激動の中国について議論しました。

    【登壇者】
    高原 明生(東京大学公共政策大学院院長、法学政治学研究科教授)
    阿古 智子(東京大学大学院総合文化研究科准教授)
    伊藤 亜聖(東京大学社会科学研究所准教授)
    井上 一郎(関西学院大学総合政策学部教授)
    田中 修(奈良県立大学特任教授)
    江藤 名保子(ジェトロ・アジア経済研究所 研究員)
    小原 凡司(笹川平和財団上席研究員)
    もっとみる...
  • 日米グループ

    2018.11.08up

    講演会動画 日米交流事業主催 講演会 U.S.-Japan Relations in a Changing Asia

    笹川平和財団は「日米オピニオンリーダー交流」事業の一環として、新アメリカ安全保障センター(CNAS)理事長のリチャード・フォンテーン氏をお招きし 「変化するアジアにおける日米関係」をテーマに講演会を開催しました。
    講演会概要)
    https://www.spf.org/seminar/list/20181001.html

    フォンテーン氏は、米国外交政策のエキスパートであり、故ジョン・マケイン上院議員の外交政策アドバイザーを5年以上も務めたことでも知られています。また、国務省、国家安全保障会議、そして米上院外交委員会でも活躍されました。

    インド太平洋地域は、今まさに今後数十年にわたって地域を変えてしまうかもしれない地政学的な変化の最中にあります。日米両国は、両国の共通の利益を掲げ、日米同盟を強化し、またそれぞれの国内政治の問題とも調和をはかりながら、この現状に何とか対応し、また立ち向かおうとしています。今の米国はインド太平洋地域について、そしてその中にある日米関係について一体どう考えているのでしょうか?日米両国はどのように協力関係を強化し、平和への見通しを深め、そしてルールに基づいた地域秩序を強化すべきなのでしょうか?

    本講演会では、モデレーターに共同通信社特別編集委員の杉田弘毅氏、そしてコメンテーターに神奈川大学教授の佐橋亮氏を迎え、フォンテーン氏の講演を受けてさらに議論を深めました。

    もっとみる...
  • 海洋政策研究所

    2018.10.25up

    クレイアニメーション「もう一つのCO2問題」 日本語吹替版

    クレイアニメーション「もう一つのCO2問題」 日本語吹替版
    動画概要)https://www.spf.org/seminar/list/20180828.html

    笹川平和財団海洋政策研究所は、英国のプリマス海洋研究所の監修で制作されたクレイアニメーション「もう一つのCO2問題」の日本語吹替版を、神奈川県立海洋科学高校の協力により作成しました


    地球規模での二酸化炭素(CO2)の排出増加は、地球温暖化をもたらすだけでなく、海中に吸収されるCO2の増加を通して海洋の酸性化を進行させます。海洋の温暖化と酸性化はともに、国連持続可能な開発会議 (Rio+20) 成果文書や、国連の持続可能な開発目標 (SDGs)などにも取り上げられる喫緊の課題となっています。近年、国際社会でも海洋酸性化問題に対する注目が集まり認知される一方で、この課題についての日本における対応は十分とは言えません。 この状況に対し、「海洋酸性化」について一般社会に広める目的で、笹川平和財団海洋政策研究所は英国のプリマス海洋研究所 (Plymouth Marine Laboratory)の監修で制作されたクレイアニメーション「もう一つのCO2問題」の日本語吹替版を、神奈川県立海洋科学高校(横須賀市)の協力により作成しました。プリマス海洋研究所が近隣のRidgeway Schoolの生徒と連携して作成した英語版クレイアニメーションでは、地球温暖化の“Evil Twin(双子の病)”や「もう一つのCO2問題」と呼ばれる海洋酸性化の深刻な影響について解説されています。英語版の動画はすでにYouTubeで1万3000回再生され、また1万5000枚以上のDVDが世界中に配布され、これまでに5か国語に翻訳されてきました。さらに国連気候変動枠組条約締約国会議(UNFCCC COP)や国連海洋会議などの気候変動に関するハイレベル会議でも上映されてきました。


    日本語吹替版動画の作成は、神奈川県立海洋科学高校の生徒7名を中心に、同校の先生と当研究所の研究員が加わって行われました。この動画を通して、日本国内でも海洋酸性化問題について学ぶきっかけとなることが期待されます。

    もっとみる...
  • 安全保障研究グループ

    2018.09.20up

    パネルディスカッション:中国の対外戦略-「新時代」の意味するもの

    笹川平和財団「中国の定点観測」プロジェクトは、「中国の台頭」によるパワー・シフトが生起していると言われる状況下、中国の対外戦略を理解し、今後の国際情勢の変化及びこれへの対処を議論する公開フォーラムを開催いたしました。米国のシンクタンクであるCSIS(Center for Strategic & International Studies)で「チャイナ・パワー・プロジェクト」のディレクターを務めるボニー・グレイザー女史を講師として招き、東京大学・高原明生教授及び笹川平和財団・小原凡司上席研究員と議論を展開いたしました。
    ボニー・グレイザー女史(CSIS「チャイナ・パワー・プロジェクト」ディレクター)、高原明生氏(東京大学大学院法学政治学研究科教授)、松川るい氏(参議院議員)
    モデレーター:小原凡司氏(笹川平和財団 上席研究員)

    パネル講演会概要はこちらから
  • 日米グループ

    2018.09.20up

    パネル講演会「変化する国際社会におけるシンクタンクの役割」

    笹川平和財団は「日米オピニオンリーダー交流」事業の一環として、ペンシルバニア大学のジェームズ・マクガン教授と、ジョンズ・ホプキンス大学のケント・カルダー教授をゲストにお招きし、パネル・講演会を開催しました。
    パネル講演会概要)https://www.spf.org/seminar/list/20180828.html

    マクガン教授は、米国に留まらず世界各国のシンクタンク研究で著名な研究者で、ペンシルバニア大学から発行されている『Global Go To Think Tank Index Report』は6,000を超える世界のシンクタンクを調査し、毎年多くの注目を集めています。また最新著作として『Think Tanks, Foreign Policy and the Emerging Powers』(Palgrave Macmillan、2018年)があります。一方カルダー教授は、日本政治や東アジアの国際関係を専門とする米国きっての知日派研究者、国際政治経済学者であり、『ワシントンの中のアジア』(中央公論新社、2014年)をはじめ数々の著作を出版されているほか、日米のシンクタンクや非営利民間団体の活動についても幅広い知見をお持ちです。


    米国や欧州を中心に発展してきたシンクタンクは、情報やコミュニケーション手段、また世界情勢の飛躍的変化に伴い近年更に重要性を高めています。また各国・地域の政治体制や市民社会環境の違いによって、多様な属性や機能を持つシンクタンクが現れ、インドや中国等の新興大国でも力を持ち始めていると言われます。他方米国では、ホワイトハウスと大統領自身を中心とした政策決定を特徴とするトランプ政権下で、ワシントンDCを中心としたシンクタンクの影響力や役割の低下も指摘されます。変化する世界情勢そして米国を前に、シンクタンクが今後果たすべき役割とは何か、求められる変化とは何か、日米関係、日本の役割等も含めお二人の専門家に忌憚のないお話を伺い、議論しました。

    もっとみる...
  • 日米グループ

    2018.09.06up

    パネル講演会「トランプ時代の女性と政治~Women and Politics in the Time of Trump~」

    笹川平和財団では、米国で女性の政界進出を支援する団体「マイン・ザ・ギャップ(Mine the Gap)」創設者、ジェシカ・グラウンズ氏とクリスティン・ハフェート氏をお迎えし、パネル講演会を開催を2018年7月17日(火)に開催しました。
    パネル講演会概要)https://www.spf.org/seminar/list/20180619.htmll

    ドナルド・トランプ氏が米国の大統領に選出された次の日、米国ではトランプ氏への抗議と女性の権利を強く訴え、500万人を超える女性が「ウーマンズ・マーチ」と言われるデモ行進を行い、世界的に広がりを見せています。また、#MeToo(ミートゥー)運動により、セクシャルハラスメントや性的暴力に対するグローバルな批判が展開されています。米国における女性達の権利を守るための運動は、中間選挙を控えた米国の国内政治にも大きな影響を与えています。


    本講演会では、トランプ時代における女性達による運動が政治に与える影響について議論したほか、世界的関心が高まってきている政治分野におけるジェンダー平等を促進するためにどのような取り組みが必要なのか、共に検討を行いました。

    もっとみる...
  • 海洋政策研究所

    2018.02.15up

    クレイアニメーション「もうひとつのCO2問題」("The Other CO2 Problem")

    この海洋酸性化の課題に関するアニメーションは、EPOCA(海洋酸性化 欧州プロジェクト)のもと、英国セントマーク&セントジョン大学と英国国立海洋水族館の後援で、リッジウェイ校(プリマス・アカデミー)の生徒/サンドッグ・メディア/キャロル・ターレー博士、ヘレン・フィンリー博士(プリマス海洋研究所)により企画・制作されました。日本語字幕は公益財団笹川平和財団海洋政策研究所が作成しました。
  • 日米グループ

    2017.12.01up

    アーロン・フリードバーグ氏講演会「独裁主義体制の挑戦:中国、ロシアとリベラルな国際秩序への脅威」

    笹川平和財団(SPF)は、「日米オピニオンリーダー交流」事業の一環として、アーロン・フリードバーグ プリンストン大学教授をお招きし講演会を2017年11月1日(水)に開催しました。。
    パネルディスカッション概要)https://www.spf.org/event/article_24284.html

    フリードバーグ教授は著名な国際政治学者であり、ジョージ・W・ブッシュ政権でチェイニー副大統領の国家安全保障担当副補佐官も務められました。『アメリカの対中軍事戦略 エアシー・バトルの先にあるもの(芙蓉書房出版、2016年)や『支配への競争:米中対立の構図とアジアの将来』(日本評論社、2013年)をはじめ、数多くの著作を出版されており、最近では8月に「SPF日米モノグラフシリーズ」*において“The Authoritarian Challenge: China, Russia and the Threat to the Liberal International Order”が発表されました。本講演会は、この最新論文を土台にお話しいただきました。

    論文の中でフリードバーグ教授は、中国とロシアがなぜ現在の国際秩序や西洋的価値に対抗して攻撃的な政策をとるのか、その背景に深く根付いた要因について、怒り、野心、そして政権の不安定さ等の側面から分析されています。講演会においては、これらの議論を土台に、二つの独裁主義体制が生き残り、政治力を維持していくための戦略、そして米国や日本への影響についてもお話しいただきました。

    * 当財団の日米プログラムにおいては、これまで様々な事業を通じて協力関係を育んできた専門家によって執筆された、特別寄稿論文を「SPF日米モノグラフシリーズ」として発表しています。日米関係に関わる幅広いテーマ、分野の専門家の問題意識や最新の研究成果が反映されています。フリードバーグ教授が執筆された論文(英語/PDF)はこちらからご覧いただけます。

    【SPF 日米モノグラフシリーズ】
    SPFの日米交流グループにおいて、2008年以来これまで様々な事業を通じて協力関係を育んできた専門家によって執筆された、特別寄稿論文のシリーズです。日米関係に関わる幅広いテーマ、分野の専門家の問題意識や最新の研究成果が反映されています。
    ※なお、本シリーズの論文は著者の見解であり、笹川平和財団の見解を代表するものではありません。

    もっとみる...
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ