研究員紹介 - 宮原 信孝

プロフィール

宮原 信孝

Asia Pacific Alliance for Disaster Management(A-PAD) /Peace
Winds Japan(PWJ) 上席顧問

Nobutaka Miyahara

宮原 信孝

中東地域・イスラーム圏研究、平和構築、国際協力

 1983年、東京大学教養学部卒業後、外務省入省。アラビア語研修。ロンドン大学東洋アフリカ学院で中東地域研究修士取得。在ベトナム日本大使館参事官(経済班長)、生物化学兵器禁止条約室長、中東第2課長、在アフガニスタン日本大使館次席、コロンビア大学客員研究員を歴任。2005年外務省を辞し、久留米大学助教授。07年同大教授。17年同大辞職。09-13年、14-17年の間東京財団客員研究員として中東地域及びイスラーム圏の地域情勢を担当。14年1月及び18年1月の久留米市長選挙候補。18年3月より現職。

ページトップ