新領域開拓基金について

新領域開拓基金は、2015年4月1日に笹川平和財団とシップ・アンド・オーシャン財団(通称・海洋政策研究財団)が合併したことを受けて、新たに設置された基金です。この基金では両財団が設立以来、それぞれに取り組んできた事業のさらなる発展と合併後の財団の新機軸となるべく事業を実施していきます。

2015~2016年の13の事業

  • 自主

    女性リーダーシップ支援

    詳細へ
  • 自主

    新しい官民連携開発金融の促進

    詳細へ
  • 自主

    2016年NATOサミットレビュー

    詳細へ
  • 助成

    米国における原子力の持続可能性

    詳細へ
  • 自主

    難民保護の国際潮流と日本の展望

    詳細へ
  • 自主

    原子力の持続可能性に関する研究

    詳細へ
  • 自主

    温暖化・海洋酸性化の研究と対策

    詳細へ
  • 自主

    ムスリムデモクラットの連帯強化

    詳細へ
  • 自主

    アジアにおける少子高齢化

    詳細へ
  • 助成

    日NATO海洋安全保障協力

    詳細へ
  • 自主

    歴史認識と未来に係る有識者対話

    詳細へ
  • 自主

    インド洋地域の安全保障

    詳細へ
  • 自主

    サイバー空間の防衛能力強化

    詳細へ

笹川平和財団からのお知らせ

お知らせ2017.06.29

【プレスリリース】役員人事のお知らせ別窓を開く

セミナー2017.05.08

5/17  "A View From The Pacific"別窓を開く

お知らせ2017.05.02

春の叙勲のお知らせ別窓を開く

一覧をみる

笹川平和財団 特定基金・日米交流事業

笹川平和財団には、個々の問題領域からアプローチを行う「国際事業部」があります。
また、強固な日米関係が地域の安定と繁栄につながると考え、米国との交流事業に力を入れています。
そのほかに、地域中心のアプローチをおこなう4つの特定基金と、海洋政策研究所があります。
また2015年度には、さらに新たな領域に取り組むべく「新領域開拓基金」が誕生しました。

  • 笹川平和財団
  • 日米交流事業
  • 笹川太平洋島嶼基金
  • 笹川日中友好基金
  • 笹川中東イスラム基金
  • 笹川汎アジア基金
  • 海洋政策研究所
  • 新領域開拓基金