太平洋島諸国・国際政治講座

【第1回講座】グローバル化時代における太平洋島嶼国と日本の新たな関係

結論 太平洋の未来

この論文を締めくくるにあたり、太平洋の未来に関する愚見を述べさせていただく。
我々が問うべき根本的な質問は「海は人々を分かつものか、あるいは結びつけるものか」である。以前の太平洋は我々を分かつものであった。しかし現在では、我々をより強く結びつけるようになっている。その結果 、日本と太平洋諸島は、PECC/APECの加盟国とともに、アジア太平洋共同体という大規模な機構のメンバーになろうとしている。こうした状況の中で、日本と太平洋島嶼国は、太平洋という貴重な財産から最大限の利益を引き出すことを目的とした共同戦略を模索していくべきであろう。

【第1回講座】グローバル化時代における太平洋島嶼国と日本の新たな関係
  • 国際政治講座
  • 情報通信講座
  • 島嶼経済講座
  • ゼミ

このページのトップへ