インド北東部における記憶と記録

2019年度事業

所属 アジア事業グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
委託先名 ズバーン出版、インド国民財団、セント・アンソニーズ大学、
認定NPO法人山形国際ドキュメンタリー映画祭
年数 3年継続事業の1年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥30,000,000

事業概要

豊かな文化や民族的な多様さを持ちつつも、これまで紛争などに苦しんできたインド北東部において、現地住民が自らの手で、同地の記憶と記録を次世代に継承していくための支援を行います。出版活動や多文化共生イベントの開催、記録映像のアーカイブ化支援など、文化活動を通じて多文化共存と、地域全体の安定化に貢献します。

担当研究者

中村 唯

活動報告(出張報告、会議開催、イベント)

インド北東部出身のドキュメンタリー映像作家を迎えて
1989年以来、山形国際ドキュメンタリー映画祭(YIDFF)は世界中のドキュメンタリー映像作家の登竜門としての地位を確立してきました。通算16回目の「YIDFF2019」(2019年10月10日~17日)では、当財団とYIDFFの協同特別プログラム「春の気配、火薬の匂い:インド北東部より」が話題を集め、インド北東部のドキュメンタリー作品16本が上映され、5人の映像作家を招いてのトークやシンポジウムも開かれました。インド北東部を代表する映画監督であるアリバム・シャム・シャルマ氏をはじめ、ハオバム・パバン・クマール氏、ピンキー・ブラフマ・チョウドリー氏の3人に、YIDFFでの体験や歴史資料としてのドキュメンタリー映画の役割、ドキュメンタリー映画制作に抱く将来の期待などについて話を伺いました。
(英文記事)

インド北東部特集プログラム―山形国際ドキュメンタリー映画祭
「春の気配、火薬の匂い:インド北東部より」―。今年の山形国際ドキュメンタリー映画祭(10月10日―17日)では、笹川平和財団の企画協力により、インド北東部の作品と監督をフィーチャーした特集が初めて組まれ、11日から4日間にわたり計16本が上映されました。
YIDFFとの共同特別プログラム「春の気配、火薬の匂い:インド北東部より」パンフレット
 

関連記事

外部リンク(招へい者・訪問先・メディアによる紹介記事など)

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ