「コロナ対応から考えるアジアと世界」とは

本プロジェクトでは、アジア地域または国際政治学を専門とする若手研究者が中心となり、アジアにおける新型コロナウィルス(COVID-19)への対応や、そこから浮き彫りになった課題に注目し、その情報や分析を、広く公開・発信していくことを目指しています。 

背景

2020年に発生した新型コロナウィルス(COVID-19)は、その世界規模の感染拡大と疫病対応のため、国境を超えた人の移動、ビジネス、観光などあらゆる交流を停止させました。感染防止は世界的な課題であるものの、その対応は国レベルで大きく異なっています。しかし日本では、諸外国、特にアジア諸国の新型コロナウィルスへの対応や、コロナ禍が各国に与えた政治・経済・社会上の影響については、ほとんど知られておりません。  

感染拡大を防ぐための厳格な疫病対策は同時に、各国に内在する社会問題を顕著に浮かび上がらせました。西側諸国は自国の感染防止や経済対策を優先しており、自国第一主義の加速化、移民・難民支援の停滞、国際的なサプライチェーンの分断が示唆されています。また、経済成長が期待されていたアジア諸国では、新興国を中心に経済活動の停滞が危惧され、権威主義的な政策、メディアや市民運動への弾圧、外国人労働者問題と排外主義の加速化など、政府と市民の関係を悪化させ、民主主義の根幹を揺るがしかねない状況もみられています。  

米中対立が先鋭化しているといわれているなか、コロナ禍による人やビジネスのグローバルなネットワークの変化は、地域内政治、国際連携・協調、国際援助のあり方にどのような影響を与えるのでしょうか。コロナ対応によって変わったことや変わらないこと、加速されたことを、日本とアジア、そして世界の専門家とともに理解し、「ポスト・コロナ」を見据えた次の時代のアジアについて考え、発信することを目的として、本企画をスタートさせました。

新着

イシュー

地域

研究委員

プロジェクトコアメンバー
監修(クオリティ・チェック 編集)

日下部 尚徳

立教大学 異文化コミュニケーション学部
准教授

髙橋 亜友子

笹川平和財団
研究員

本多 倫彬

キヤノングローバル戦略研究所
研究員

木場 紗綾

小松大学 国際文化交流学部
准教授

堀場 明子

笹川平和財団
主任研究員

メンバー

伊賀 司

京都大学 東南アジア地域研究研究所
連携講師

井形 彬

多摩大学 ルール形成戦略研究所
客員教授・CRS事務局長


岩坂 将充

北海学園大学 法学部
准教授

小林 周

日本エネルギー経済研究所 中東研究センター
研究員


志田 淳二郎

名桜大学 国際学群
准教授

冨樫 あゆみ

東洋英和女学院大学 国際社会学部
講師


中村 長史

東京大学 大学院総合文化研究科
教養学部附属教養教育高度化機構 特任助教授

深澤 光樹

東洋大学 経済学部
助教授


松田 春香

大妻女子大学 文学部コミュニケーション文化学科
 准教授

真辺 祐子

防衛研究所
研究員

 

三輪 博樹

帝京大学 法学部 政治学科
准教授

-
-
-

有識者

(準備中です)

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ