提言書「世界の核軍縮・核不拡散への日本の貢献」を発表
新たな原子力・核不拡散に関するイニシアチブ研究会

2020.06.25

「世界の核軍縮・核不拡散への日本の貢献」提言書

(※クリックしてダウンロードできます。)

 笹川平和財団・安全保障研究グループは2020年6月17日、「世界の核軍縮・核不拡散への日本の貢献 ~唯一の戦争被爆国としての責任を果たす政策を~」と題した提言書を公表しました。提言書は同グループが設置した「新たな原子力・核不拡散に関するイニシアチブ研究会」が作成したもので、オンライン会議システムによる説明会にはメディア関係者、核不拡散・軍縮に関わる研究者が参加しました。

 研究会の提言書は今回が第三弾となります。冒頭、当財団の田中伸男会長(現顧問)は「原子力については福島原発事故を反省する中で、いったいどういうことを考えていけば良いのか、ということでさまざまな研究を行ってきた」と研究会の活動概要を説明しました。そして、日本が青森県において大量のプルトニウムを保有し、海外にも再処理を依頼して保管していることに対し、原子力の平和利用への疑念が海外に存在する可能性があることから、提言書の第一弾として「プルトニウムの国際管理に関する日本政府への提言」を作成し、続く第二弾の提言書として、2018年以降に米国と北朝鮮が直接対話を始める中で、日本がどのようにして朝鮮半島の非核化にかかわるのかを主眼に、「北朝鮮非核化への日本の役割」をまとめたことを紹介しました。
 さらに、今回の「世界の核軍縮・核不拡散への日本の貢献」に関しては「広島と長崎への原爆投下、被爆国である日本が、核拡散防止条約(NPT)体制に対してどう向き合うべきかを提言するために作成した」と述べました。

 続いて鈴木達治郎・長崎大学教授(研究会座長)と西田恒夫・元国連大使(研究会幹事)が、提言の内容と核不拡散に関する世界の現状を専門家の視点から説明しました。

 鈴木氏は、提言書が大きく2つの提言で構成されていること、そのポイントとして「米ロ両国が小型核兵器の開発を進めるとともに、核兵器の使用も辞さずという政策を取っている中で、核リスクを低減するために核兵器の『先行不使用(No First Use)』、および核兵器の使用を相手国の核兵器使用に対する報復に限定する『唯一の目的』を支持することを日本に求めた。日本政府はこれまで明確には支持しておらず、新しい提言として入れた」と述べました。
 また、提言書では、核兵器禁止条約(TPNW)の加盟に向け、日本は条件が整うまでオブザーバー国として条約の締約国会議に参加し、支援に向けた取り組みを行うよう政府に求めており「日本は消極的な態度を根本的に見直し、署名と批准に向けた取り組みを今こそ始めるべきだ。署名した場合の影響や日米安保条約との整合性、これらを独立的に検討する諮問会議の設置も提言している。最終的には核抑止力に依存しない安全保障環境を構築することが大事だ」と指摘しました。
 こうした提言の背景となる国際情勢について鈴木氏は、核軍縮を支えてきた米ロ間の新戦略兵器削減条約(新START)が2021年2月に期限切れを迎え、核兵器禁止条約(TPNW)の批准国が増えて条約発効に必要な50カ国の批准の見通しが出てきたことを挙げ、「日本がどう向き合うかが問われている」と強調しました。

 西田氏は「核不拡散を取り巻く世界の状況は停滞しており、むしろ核拡散に逆戻りしかねない状況だ。戦後日本の外交の柱となったのは広島、長崎の体験であり、軍縮を進めるよう世界に働きかけることが戦後の日本の国の在り方だ。世界の現状は核兵器国、その抑止力に加護されている国と、抑止力に依存しない非核兵器国との間に溝ができていて、国際世論が分断されかねない状況にある」と述べ、日本が「橋渡し役」を務める必要があるとの認識を示しました。

(SPF PR 高原聡子)

【用語解説】

(1) 核兵器の先行不使用(No First Use: NFU)
武力紛争中、相手国より先に核兵器を使用しない政策。ただし、相手国が先に核兵器を使用した場合に、核兵器で反撃する選択肢は残している。 先制核不使用ともいわれる。NFU の概念は、核軍縮を促す効果があり、核兵器不拡散条約(NPT)上の核兵器国(米国、ロシア、中国、英国、フランス)を含むすべての核兵器国が同意し、世界規模でNFUの体制を構築すれば、核兵器の役割は他の核兵器保有国による使用抑止に限定される。中国は1964年10月の核実験成功から一貫して、いかなる場合においても核兵器を先に使用しないという無条件のNFUを宣言している。
 
(2) 唯一の目的(sole purpose)
核兵器の目的を核兵器による攻撃を抑止することに限定すること。核兵器の役割を減少させるという視点で、特に米国オバマ政権が使用して注目されたが、厳密な定義は書かれていない。核戦略として区別する考え方もあるが、実質的にNFU(上述)と同義という見方もある。

【参考資料】

(1)今回発表された『世界の核軍縮・核不拡散への日本の貢献』提言書の詳細につきましては、以下のリンクよりご覧ください。
 
世界の核軍縮・核不拡散への日本の貢献
~唯一の戦争被爆国としての責任を果たす政策を~
https://www.spf.org/security/publications/20200515.html
 
Japan’s Contribution to Global Nuclear Disarmament and Non-Proliferation
https://www.spf.org/en/security/publications/20200522.html
 
(2)これまでに発表した『プルトニウムの国際管理』、『北朝鮮非核化への日本の役割』の提言書については、以下のリンクよりご覧ください。

プルトニウムの国際管理
~プルトニウム在庫量の削減を目指し、新たな国際規範を~
https://www.spf.org/security/publications/20190604.html
 
北朝鮮非核化への日本の役割
~北東アジアにおける核の脅威削減と新たな安全保障の構築を視野に~
https://www.spf.org/security/publications/20200221.html
 

関連記事

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ