世界の核軍縮・核不拡散への日本の貢献
~唯一の戦争被爆国としての責任を果たす政策を~

世界の核軍縮・核不拡散への日本の貢献 ~唯一の戦争被爆国としての責任を果たす政策を~

核不拡散に関する日本政府への提言(提言書)

 笹川平和財団は2018年から2年間、安全保障研究グループ内に「新たな原子力・核不拡散に関するイニシアチブ研究会」を設置しました。本研究会では、原子力の民生利用の在り方や世界の核不拡散分野における日本の役割について議論し、2019年5月には「プルトニウム国際管理に関する日本政府への提言~プルトニウム在庫量の削減を目指し、新たな国際規範を~」(詳しくはこちら)、2020年2月には「北朝鮮非核化に関する日本政府への提言~北東アジアにおける核の脅威削減と新たな安全保障の構築を視野に~」(詳しくはこちら)を提言としてとりまとめ、公表しました。
このたび、新たに「世界の核軍縮・核不拡散への日本の貢献~唯一の戦争被爆国としての責任を果たす政策を~」をとりまとめました。原爆投下から75年、さらに核兵器不拡散条約(NPT)発効から半世紀の大切な節目となる2020年に、日本が取るべき政策を提言します。(提言書本文はこちらをご覧ください。)


【研究会メンバー 】 敬省略・順不同
座長 鈴木 達治郎 長崎大学核兵器廃絶研究センター副センター長・教授
委員 岩本 友則  日本核物質管理学会事務局長
       太田 昌克  共同通信編集委員
   大庭 三枝  神奈川大学教授、 元原子力委員会委員
   坂田 東一  日本宇宙フォーラム理事長、 
          元ウクライナ・モルドバ共和国大使
   佐賀山 豊  日本原子力研究開発機構(JAEA)理事長シニアアシスタント
   西田 恒夫  広島大学平和センター名誉センター長 、 元国連大使
   田中 伸男  笹川平和財団会長
(オブザーバー)
   長山 智恵子   元福島県高等学校教諭

※ 本提言は委員会メンバーによる個人的提言であり、それぞれが現在および過去に所属する組織を代表するものではありません。



 

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ