2030年までの日米同盟 
「パワーと原則」 最終報告書

2030年までの日米同盟 「パワーと原則」(最終報告書)日米同盟の将来に関する日米安全保障研究会

2030年までの日米同盟 「パワーと原則」(最終報告書) 日米同盟の将来に関する日米安全保障研究会

笹川平和財団(SPF)と戦略国際問題研究所(CSIS)は、2030年までのアジアおよび日米同盟に関する共通のビジョンについての提言をおこなうべく、著名な政策立案者と研究者から成る「日米安全保障研究会」を2013年に発足させました。

本研究会は、来るべき15年間に日米が追求する共通の世界ビジョンを確立する必要があると考えており、提示するビジョンは、2030年に世界のすべての国々が安全かつ平和で、繁栄し、自由であることを追求するというものです。

2016年2月29日に開かれた最後の会合にて「パワーと原則」と題した最終報告書および要約が取りまとめられ、公表されましたので、公開いたします。(English version can be downloaded from here. )



 

日米安全保障研究会   
日本側委員  (五十音順 敬称略)
岡本 行夫                               株式会社岡本アソシエイツ 代表
折木 良一                               統合幕僚監部 元統合幕僚長
加藤 良三(座長)                   元在米特命全権大使
田波 耕治                               元国際協力銀行総裁、元大蔵事務次官、株式会社三菱東京UFJ銀行 顧問
西原 正                                  一般社団法人平和・安全保障研究所 理事長
羽生 次郎                               公益財団法人笹川平和財団 会長
山口 昇                                  公益財団法人笹川平和財団 参与

米国側委員  (五十音順 敬称略)
リチャード・アーミテージ     アーミテージ・インターナショナル 代表
(共同座長)              
マイケル・グリーン        戦略国際研究所(CSIS) 上級副所長(アジア兼ジャパンチェア);
                 ジョージタウン大学 近代・現代日本政治・外交政策チェア
                
ジョセフ・ナイ                          ハーバード大学ケネディスクール 教授
ジョン・ハムレ(共同座長)        戦略国際研究所(CSIS) 所長兼CEO 
デニス・ブレア                          笹川平和財団米国(SPFUSA) 会長
アーロン・フリードバーグ           プリンストン大学 教授

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

アジア戦略イニシアチブ

ホームへ

SPFアメリカ現状モニター

ホームへ

ページトップ