アジア・イスラム事業グループ セミナー

小島嶼開発途上国の気候変動適応戦略

モルディブの人工島開発経験からの貢献

主催:笹川平和財団、モルディブ国立大学、公益財団法人日本グローバル・インフラストラクチャー研究財団、法政大学
 気候変動に最も脆弱な小島嶼国のひとつであるモルディブは、世界の環礁国の中で最も平均海抜が低いため、海面の上昇による存亡の危機に直面しています。モルディブ政府は、先駆的な気候変動適応策として、首都マレの近くに平均海抜2メートルの人工島「フルマーレ」を建設し、現在も拡充しています。本セミナーは、モルディブの独創的な戦略に焦点を当て、フルマーレの開発と、移住者の急増に焦点を当てます。

 本セミナーには、モルディブと日本の、気候変動適応策や移住、また国際援助についての専門家が一堂に会します。モルディブのこれまでの革新的な経験を紐解き、それが同様の危機に直面している他の小島嶼国の海面上昇適応戦略にどのように貢献できるかを検証するとともに、レジリエントで持続可能な解決策への道筋を描きます。みなさまのご参加をお待ちしております。

お申込みについて

参加ご希望の方は、2月28日(水)17:00(JST)までに本ページの「お申込み」ボタンよりお申し込みください。

会場参加の定員:50名
※ 定員に達しましたら会場参加の申込みを締め切らせていただきます。

「会場参加」でお申込みいただいた方は当日会場にお越しください。オンライン参加でお申込みいただいた方には、2月29日(木)11:00頃(JST)に視聴用URLをご案内いたします。

【お申込みにあたり】
・お申込みの際、メールアドレスが正しく入力されているかをご確認ください。お申込み後、仮登録確認メールが届きますので、メールにある登録完了用URLを24時間以内にクリックし登録を完了してください。

・最後まで登録されておらず、イベント当日にお申込みの問合せが大変多くなっております。お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご登録手続きを最後まで進めていただきますようお願い申し上げます。

・仮登録確認メールが届かない場合は、spfpr@spf.or.jp からのメールが迷惑メールに設定されている場合がございます。あらかじめ迷惑メールの設定を解除いただくか、迷惑メールボックスをご確認いただきますようお願いいたします。また、ご入力いただいたメールアドレスが間違っている場合もございますので、再度お申込み手続きを行っていただきますようお願いいたします。

・お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー・講演会等へご案内する際に使用させていただきます。
事務局
アジア・イスラム事業グループ(前川、及川)
Email:asia@spf.or.jp
Tel: 03-5157-5160

※取材についてのお問い合わせはコミュニケーション企画部広報課へお願いいたします。
Email: spfpr@spf.or.jp
Tel:03-5157-5389
 

プログラム

14:00 開会挨拶:
安達一(笹川平和財団 常務理事)
14:10 基調講演:モルディブの気候変動適応戦略
アイシャ・シェヘナーズ・アダム氏(モルディブ国立大学 副学長)
14:30 フルマーレに関する概要説明:
アーマッド・アスラム氏(住宅公社/HDC 戦略経営本部長)
アイシャス・ライラ氏(住宅公社/HDC 戦略経営本部研究開発部長)
14:50 フルマーレ住民の満足度への影響要因:
坂本晶子氏(日本グローバル・インフラストラクチャー研究財団 事務局長)
中山幹康氏(日本グローバル・インフラストラクチャー研究財団 専務理事)
15:10 島嶼間移住の動機に関する予備調査結果:
ラヒマ・アブゥドゥル・ラヒム氏(モルディブ国立大学 研究科長)
アダム・カリッド氏(モルディブ国立大学 工学・科学技術学部長)
前川美湖氏(笹川平和財団 アジア・イスラム事業グループ 主任研究員)
坂本晶子氏(日本グローバル・インフラストラクチャー研究財団 事務局長)
15:30 休憩
15:40 パネルディスカッション:
モルディブ国立大学 代表者
住宅公社/HDC 代表者
国連開発計画 代表者
藤倉良氏(法政大学 人間環境学部 教授)
日下部尚徳氏(立教大学 異文化コミュニケーション学部 准教授)

 
16:50 閉会挨拶:
中山幹康氏(日本グローバル・インフラストラクチャー研究財団 専務理事)
17:00 閉会

講演者

Mr. Brigien Suhaendra
開会挨拶

安達一

笹川平和財団 常務理事

アイシャ・シェヘナーズ・アダム氏
講演者

アイシャ・シェヘナーズ・アダム氏

モルディブ国立大学 副学長

プロフィール

アイシャ・シェヘナズ・アダム博士は、2023年11月19日よりモルディブ国立大学の副学長。以前はモルディブ国立大学の研究・企業担当副学長を務めていた。1995年、オーストラリアのニューカッスル大学で数学と教育学の学士号を取得。ニュージーランドのワイカト大学にて、1998年に数学教育学大学院ディプロマ、1999年に数学教育学修士を取得。2004年、ニュージーランド・オークランド大学にて数学教育学博士号を取得後、2005年、アラスカ大学フェアバンクス校にて博士研究員として勤務した。

1995年からモルディブの教育セクターでさまざまな職務に携わる。最初は数学教師として、次に副校長として、最終的には教育省のエグゼクティブ・ディレクターとして、モルディブ全土の学校の教育監督、国家評価、質の向上を担当した。

また、地方レベルでも国際レベルでも教育水準を強化するため、独立した組織にも知識と技術を提供してきた。ユネスコの「万人のための教育(EFA)」プログラムの国内コーディネーターや、Live and Learn(モルディブ)の環境教育諮問委員会の委員長を務めた経験もある。モルディブの教育・高等教育関連プロジェクトのコンサルタントも務める。

教育分野での仕事に加え、モルディブの駐パキスタン大使(2009年~2013年)、駐アラブ首長国連邦大使(2013年~2014年)、駐アゼルバイジャン・エジプト・ヨルダン・カザフスタン・ウズベキスタン非駐在大使(2011年~2013年)を務め、外交官としての経験も豊富である。

アーマッド・アスラム氏
講演者

アーマッド・アスラム氏

住宅公社(HDC) 戦略経営本部長

プロフィール

住宅公社(HDC)戦略経営本部長。現在、戦略計画、研究開発、品質管理、リスク管理を統括。金融・不動産業界において20年以上の専門的経験を有し、会計・報告、監査、戦略立案、税務、保険を専門とする。

モルディブ・イスラム大学、ヴィラ・カレッジ、MAPSカレッジなど、様々な大学やカレッジで教鞭を執る。INCEIFでイスラム金融修士号、イースト・ロンドン大学で会計・金融学士号を取得。

勅許管理会計士協会(CIMA、ACMA、CGMA)のフェロー会員。また、勅許イスラム金融専門家協会(CIIF)の上級準会員でもある。

2021年6月よりHDCシャリア委員会メンバー。CAモルディブ・ライセンス監査人、MIRAモルディブ・ライセンス税務代理人でもある。

社会活動やボランティア活動に積極的に取り組んでいる。MRCのメンバーであり、2014年から2019年までモルディブ赤新月社(MRC)の財務委員会の委員を務めた。

アイシャス・ライラ氏
講演者

アイシャス・ライラ氏

住宅公社(HDC) 戦略経営本部研究開発部長

プロフィール

サンプリング方法論、フィールドモニタリング、データ品質、可視化、管理、CAPI開発および分析に重点を置く調査専門家で、17年以上の経験を持つ。調査専門家として、国の統計局と定期的に協力し、データ収集の設計、実施、品質保証に関するアドバイスやトレーニングを行い、さまざまな分野レベルでの調査データを表現するためのサンプリング戦略を開発している。

データストラテジストとして、データプロセスとツールに関するガイダンスを提供し、統計分析、データのクリーニングと分析に最適な方法に関するトレーニングを実施し、インタラクティブなビジュアライゼーションを通じてデータに命を吹き込むことを楽しんでいる。現在、住宅公社(HDC)の研究開発部門を統括。

Mr. Brigien Suhaendra
講演者

坂本晶子氏

日本グローバル・インフラストラクチャー研究財団 事務局長

Mr. Brigien Suhaendra
講演者

前川美湖氏

笹川平和財団 アジア・イスラム事業グループ 主任研究員

ラヒマ・アブゥドゥル・ラヒム氏
講演者

ラヒマ・アブゥドゥル・ラヒム氏

モルディブ国立大学 研究科長

プロフィール

ラヒマ・アブドゥル・ラヒム氏は、2023年12月27日よりモルディブ国立大学の副学長(研究・企業担当)。 以前はモルディブ国立大学の研究部長を務めていた。公衆衛生学の博士号を取得し、公衆衛生と普及啓発の分野で数多くの著書がある。研究部長として、40以上の研究プロジェクトを指揮し、大学の資金を確保した。

大学倫理委員会の副委員長を務め、モルディブ国立研究ジャーナルの編集長も務めている。研究助成金委員会と書籍執筆助成金委員会の両方のメンバーである。また、6回のTheveli会議(モルディブ国立大学が主催する国際会議)と2回のIEEE会議を主催している。以前は、モルディブ国立大学保健科学部で講師および学科長を務めた。

「南アジアの高等教育機関におけるプログラム認証と国際化の戦略的支援/SSAPI(2021-2023年)」、「モルディブにおけるハンセン病の終末戦略」、「土壌伝染性蠕虫症」、「モルディブSTEPS調査(非感染性疾患のリスク要因に関する調査)」、「トランス脂肪に関する調査」、「デング熱を制御するための共生細菌の利用」などの研究プロジェクトを主導した。

Mr. Brigien Suhaendra
講演者

アダム・カリッド氏

モルディブ国立大学 工学・科学技術学部長

Mr. Brigien Suhaendra
パネリスト

藤倉良氏

法政大学 人間環境学部 教授

Mr. Brigien Suhaendra
パネリスト

日下部 尚徳氏

立教大学 異文化コミュニケーション学部 准教授

Mr. Brigien Suhaendra
パネリスト

TBC

国連開発計画、代表者

Mr. Brigien Suhaendra
閉会挨拶

中山幹康氏

日本グローバル・インフラストラクチャー研究財団 専務理事

開催一覧

pagetop