日米間の戦略的ネットワーク構築

2021年度事業

所属 日米グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国
委託先名 米日カウンシル、ウッドロー・ウィルソンセンター(WWC)、全米日米協会連合(NAJAS)、戦略予算評価センター(CSBA)ほか
年数 3年継続事業の2年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥89,000,000

事業概要

 本事業は、2008年度より4フェーズに亘り実施した「日米オピニオンリーダー交流」事業の成果を土台に、人と組織の交流およびネットワークに特化した事業展開を行い、その深化・拡大をはかることを目指します。具体的には、招へい・派遣・機関協力の重層的なアプローチを通じて、「米国の変化」、「多様化する外交・安全保障環境の中での日米関係」、「変化する国際秩序と日米の役割」を理解し、変化する時代の中での新たな日米関係や協力の在り方の考察に繋がる緊密な日米専門家間の人的・組織的ネットワークを拡大し深化させることを目指します。

担当研究者

村田 綾
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

アジア戦略イニシアチブ

ホームへ

SPFアメリカ現状モニター

ホームへ

ページトップ