【ウェビナー】2021年1月25日開催
マイクロファイナンスとインパクト評価 ~ジェンダー視点から考える~

セミナーお申込みはこちら (https://simi.doorkeeper.jp/events/115058)

※本ウェビナーは、一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)が主催するSocial Impact Day 2020
の一環として行われます。
※申し込み画面で「⑦セッション4(無料)1月25日(月)16:00~17:00」をお選びください。
※指定の登録サイトにて事前登録制、言語は日本語(英語の同時通訳付き)となります。
 
笹川平和財団ジェンダーイノベーション事業グループではアジアの女性の経済的エンパワメントのために「ジェンダー投資」の実証と研究、政策提言を行っており、投資案件としてマイクロファイナンスファンドに出資しています。
 
マイクロファイナンス市場はアジアのみならず世界各国で成長を続けています。マイクロファイナンスは多くの顧客、とりわけ大多数を占める女性の生活に大きな変化をもたらしてきました。一方で、マイクロファイナンスによるインパクトを適切に評価し、現場の改善や女性のエンパワメントに活かす取り組みは、方法論やコストなどの課題があり、現在様々な模索が続いています。
 
このセッションでは、インパクト測定・マネジメント(IMM)の強化によるマイクロファイナンスのもたらす女性へのインパクトについて、最前線で取り組むスピーカー2名を迎えてジェンダー視点で考えます。
 
マイクロファイナンス、インパクト評価、ジェンダー投資、ジェンダー平等への取り組みに携わる方々等幅広い皆様における察の一助となれば幸いです。

多くのご参加をお待ちしております。
 
 
パネリスト(1)

ナターシャ・ガルチャ
Impact Investment Exchange (IIX)
革新的ファイナンス・ディレクター
 
IIXにてアジア・大洋州と米国におけるジェンダー投資とIMMを統括。同社の世界初シンガポール取引所上場債券「ウイメンズ・ライブリフッド・ボンド」のストラクチャリング、インパクト検証、IRを担当。非営利組織Shades of Happiness Foundationの共同創設者としてインドの低所得コミュニティの子供たちへのエンパワーメント活動にも取組む。オックスフォード大学にてMBAを取得。
パネリスト (2)

Cheriel Neo (シェリル・ネオ)
五常・アンド・カンパニー株式会社 インパクト評価担当

2014年、英国オックスフォード大学歴史学・文学科卒業、2015年、エジンバラ大学にて翻訳学の修士号取得。2015年から2018年まで、世界的なインパクト金融仲介組織である英国Social Finance UKに勤務。2018年より、難民を雇用する社会的企業であるProof Bakeryを創業し、同社社外取締役を務める。2020年2月より現職。
 


モデレーター

松野文香(まつのあやか)
笹川平和財団 ジェンダーイノベーション事業グループ グループ長
アジア女性インパクト基金 
 
国連機関とJICA勤務を経て、2019年から現職。現在は外国人も含めた9人のチームリーダーとして、アジア女性の経済的エンパワメント促進のための事業実施とアジア女性インパクト基金の運営に取り組む。

 
日時
2021年1月25日(月)16:00~17:00
開催方法:オンライン
 
主催
  • 本ウェビナー「マイクロファイナンスとインパクト評価 ~ジェンダー視点から考える~」ホスト: 笹川平和財団ジェンダーイノベーション事業グループ
  • Social Impact Day 2020 主催: 一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)
 
 
プログラム
 
イクロファイナンスとインパクト評価 ~ジェンダー視点から考える~
 
16:00   各パネリストスピーチ
 
16:30   ディスカッション
 
17:00   セッション終了
 
使用言語
日本語 (英語の同時通訳あり)
 
お申込について
イベント登録サイト(お申込みボタン)から各自参加登録ください。
https://simi.doorkeeper.jp/events/115058
※申し込み画面で「⑦セッション4(無料)1月25日(月)16:00~17:00」をお選びください。
※Social Impact Dayの全日程参加可能なチケットは有料ですが、本ウェビナーは無料です。
登録完了後、ZoomURL、Meeting IDおよびパスワードが記載されたメールが配信されます。
 
【問い合わせ】 技術的な問題等については一般財団法人社会的インパクト・マネジメント・イニシアチブ(SIMI)(info@simi.or.jp)まで
お問合せくださいますようお願いいたします。

【内容について】
公益財団法人笹川平和財団
ジェンダー・イノベーション事業グループ
Email:genderspf@spf.or.jp

【取材について】
経営企画部メディアリレーション課
Email:spfpr@spf.or.jp
 
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ