一覧にもどる

書籍 2018年発行:日中戦争はなぜ起きたのか-近代化をめぐる共鳴と衝突

カテゴリー区分 書籍
発行 2018.10
編者 波多野澄雄/中村元哉
備考 中央公論新社
ISBN978-4-12-005122-7

日中戦争はなぜ起きたのか-近代化をめぐる共鳴と衝突

【結びより】
本書は、日中戦争へと至った過程を、一つ一つの歴史事実を紐解き、それらを積み重ねる実証的な研究手法を重視しながらも、個々の歴史事実を日中両国の構造的要因や国際秩序のあり方と関連させながら、総合的に説明しようとしている。
・・・本書は時空を超えて、例えば、両国関係をつなぎとめようとする穏健な勢力がどのような条件下で劣勢に立たされるのか、国家間の対立はなぜ決定的になってしまうのかといった普遍的な問いかけに対しても、示唆に富む内容となっている。


事業について:歴史認識と未来に係る有識者対話

目次

序文  宮本雄二
総括報告
 日本 日中戦争の原因と背景について  波多野澄雄
 中国 日中歴史共同研究報告  汪朝光(小野寺史郎/訳)
第1章 近代化比較―日中両国の国家建設
 日本 近代世界のなかの日本と清朝  吉澤誠一郎
 中国 1930年代中期以前の両国の近代化と工業化モデルの比較研究  厳立賢(森川裕貫/訳)
第2章 国際関係・外交―1920年代
 日本 東アジアの国際秩序の変動と日中の対応  中谷直司
 中国 満洲事変前夜における国際秩序の変容と日中衝突の原因  王緝思/孫桜(久保茉莉子/訳)
第3章 経済関係―1910年代以降の貿易、投資、企業活動
 日本1 近代中国経済の変容と1930年代  久保亨
 日本2 日中戦争の経済的要因をめぐる学説―日本帝国史研究の視点から  木越義則
 中国 1935年までの国際経済秩序と日中間の経済・貿易関係  閆慶悦(松村史穂/訳)
第4章 文化関係―1910年代以降
 日本 日中文化関係―協力と離反  熊本史雄
 中国 文化協力と敵対の「契機」―中国人の眼から見た「東方文化事業」  徐志民(杉谷幸太/訳)
第5章 全面戦争化―国内要因
 日本 両国の政策決定メカニズムの変化と全面戦争化の原因  光田剛
 中国 日中戦争の全面勃発の原因について  臧運祜(矢久保典良/訳)
第6章 全面戦争化―国際要因
 日本 満洲事変・日中戦争と国際関係―ドイツとの関係を中心に  田嶋信雄
 中国 日中全面戦争へ至った国際的要因  于鉄軍/李卓(河野正/訳)
結び  中村元哉
関連年表
索引
執筆者紹介

財団について
助成申請
年度
年度
メルマガ登録はこちら
その他一覧

ページトップ