一覧にもどる

書籍 2021年発行:農政の展開と農業・農村問題の諸相

カテゴリー区分 書籍
発行 2021.12.13
編者 酒井 富夫 編著
備考 農林統計出版   ISBN978-4-89732-448-7

農政の展開と農業・農村問題の諸相

 笹川日中友好基金は、「共通課題解決の日中共同研究」事業の成果物である『農政の展開と農業・農村問題の諸相』を刊行しました。

 

 「食糧・農業・農村問題の場合、市場が効率的というだけでは済まない領域であり、食料の安全保障、そのための農民の安定が求められ、環境面では持続性が求められる点から、それらを実現しうる「自由市場」が必要である。このような基準からみて、農業・農村は、どのような点で成功してきたのか、または失敗したのかを確認したい―(「はじめに」より)


 本書籍は中国の農業・農村研究者からの以下のような「問い」に答える形で、日本の農業政策、農業、農村にまつわる様々な問題についてまとめたものである。

 
【中国側研究者からの「問い」】
1.日本はどのように農業・農村の現代化を実現したのか
2.日本の農村はどのように環境に配慮した循環型農村経済を実現したのか
3.農村や農業政策で政府や地方自治体の役割、市場の役割とは何か
4.日本における農協の役割とは何か
5.新規就農者に対してどのような技能トレーニングを進めているのか
6.どのようにごみの分別をしているのか
7.日本の農村はどのようにその保有する文化資源を活用しているのか
8.農村の公共サービスやインフラはどのように建設してきたのか
9.日本農村の高齢者介護問題はどうなっているのか
10.日本の都市農村関係にはどのような問題があるのか
11.日本農村はどのように優秀な人材を引き付けて農村経営に参画させているのか
12.日本はどのように農民の兼業化を果たしてきたのか

 こうした「問い」にこたえるため「むら」「農協」「農村医療・福祉」「農村社会」「伝統文化の伝承」「農村産業化」「都市農村関係」「地方自治体」「環境保全」「流通」「食糧需給」等の各テーマを専門家に執筆してもらい、2019年に中国語版『日本农村再生 经验与治理/日本農村再生:経験と治理』を社会科学文献出版社から刊行した。本書はこの書籍に加筆修正したうえで日本側読者の参考に供するために刊行した日本語版である。

目次

序章 近代化以降における日本農政の展開

 1 資本主義の発展を見る眼-国家と資本主義-

 2 日本の農業問題と農業政策

 3 時期別農業政策の特徴

  

第1部 むらと農村生活

第1章 むらと構造政策

 1 はじめに-農政遂行組織としてのむら-

 2 生産調整・構造政策推進の場としてのむら

 3 むらを基盤とした集落営農の形成と地域資源管理政策

 4 農地集積推進の場としてのむらの再編と課題

 5 斐川町の農地集積推進体制

 6 おわりに

第2章 農協が戦後の農業・農村の発展に果たした役割

 1 はじめに

 2 第2次世界大戦後の農業・農村の発展過程

 3 総合農協の特徴

 4 戦後の農業近代化と総合農協の果たした役割

 5 グローバル化時代の社会経済環境の変化と総合農協

 6 むすび-農業農村の新しい課題と総合農協の役割-

第3章 農村医療・福祉の経験と改善

 1 はじめに

 2 農村医療の発展経過

 3 農村医療の提供者

 4 これからの社会保障と医療・ケア体制~医療モデルから生活モデルへ~

 5 おわりに

第4章 農村社会の変容と地域活性化の展開

 1 日本の農村社会の基本構造と特殊性

 2 1970年代以降の地域活性化(むらづくり)の展開と農業集落(むら)の変容

 3 農村社会の変容に伴う地域活性化の課題と新しい中間組織=地域経営主体形成の必要性

 4 新しい中間組織=地域経営体による地域活性化の事例

 5 新しい中間組織=地域経営体構築の要件と日本以外の社会への適応可能性


第2部 都市農村関係と新たなコミュニティの構築

第5章 農村における伝統文化の伝承

 1 はじめに

 2 農村の伝統文化と農村をめぐる施策の展開

 3 「舞台踊り」を編成する民俗芸能-岩手県大船渡市の念仏剣舞-

 4 都市住民が参加する民俗芸能-岩手県遠野市の早池峰神楽-

 5 おわりに

第6章 農村産業化:下請型農村工業化の限界と地域資源活用型産業の可能性

 1 本章の課題

 2 農村工業化の進展-出稼ぎから在宅兼業へ

 3 農村工業の衰退

 4 農業・農村回帰と地域資源活用型産業の発展

 5 地域資源活用型産業の具体例

 6 日本における安全・安心志向の限界と中国での可能性

第7章 日本の都市農村関係

 1 はじめに

 2 戦後日本の人口移動と地域間格差

 3 戦後都市農村関係の変化-国土計画の変遷から

 4 農山村の過去と現在

 5 都市農村会計の新しい動き

 6 産地確立に成功する生産者組織による新規参入支援

 7 まとめ


第3部 行政の役割

第8章 地方財政制度と自治体運営

 1 地方財政の仕組みと特徴

 2 中央政府による地方自治体の財源保障と地方統制の仕組み

 3 地方分権改革の進展

 4 農業・農村政策における地方自治体の役割

 5 近年の特徴的な政策

 6 おわりに

第9章 農業・農村と環境保全

 1 農業・農村と環境問題

 2 農業・農村に関する環境政策

 3 環境保全型農業

 4 農薬

 5 肥料

 6 廃棄物処理

 7 排水処理

第10章 日本の農産物流通制度の特徴と社会的意義~日本型卸売市場制度を対象に~

 1 農産物流通の日本的特徴

 2 日本型卸売市場制度成立の経緯

 3 日本型卸売市場制度の諸特徴

 4 日本型卸売市場制度の社会的意義

第11章 農産物需給と価格・所得政策

 1 食糧需給の動向と自給率の推移

 2 農産物価格政策の類型と分断的価格政策

 3 米過剰問題と米価格政策の変化(食管法から食糧法へ)

 4 米政策改革の進展と構造変化

 5 まとめ


事業について: 2016~2018年度「共通課題解決の日中共同研究」

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ