アジアにおける少子高齢化

2018年度事業

所属 アジアの人口動態事業グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
委託先名 東南アジア研究所(ISEAS)他
年数 3年継続事業の3年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥11,000,000

事業概要

高齢化の進行スピードの異なる東アジア(日本、韓国、 中国)および東南アジア(シンガポール、タイ、ベトナム、フィリピン)を対象に、高齢化の先進国である日本の経験や教訓を参考に、今後各国が高齢社会を迎えるにあたって想定される課題に対して具体的な解決策を提示することを目指します。

担当研究者

土居 義範
財団について
日米交流事業
助成申請
年度
年度
メルマガ登録はこちら
その他一覧

ページトップ