インド北東部の持続的発展Ⅱ

2019年度事業

所属 アジアの平和と安定化事業グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
委託先名 オメオ・クマール・ダス社会変革開発研究所 (OKDI/インド)
年数 2年継続事業の2年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥13,000,000

事業概要

近年、インド中央政府の「アクト・イースト」政策などを通じ、東南アジアと南アジアの結節点であるという潜在的価値が内外から高い注目を集めているインド北東部について、前年度に引き続き、域内各州や周辺国の専門家による継続的かつ積極的な知的交流・対話をさらに促進します。フェーズ2では、周辺諸国との連結性を再構築するインフラ事業などの取り組みを成功させるには、それを阻害する最大の要因の一つとなっているコミュニティー間の人々の信頼醸成が不可欠であるという前提の下、域内および周辺国にまたがる「共有する歴史」が各地でどのように認識されているか分析を行い、民族間・異宗教間の分断を乗り越え、人々が将来を共有するためにどのような「地域協力」の枠組みが必要であるか、その可能性について検証します。

担当研究者

中村 唯
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ