海洋フォーラム

海洋フォーラム

四方を海に囲まれた海洋国日本の発展のためには、海洋に関する情報の共有や意見の交換、また、必要なことを海洋政策に反映させる力の集結が必要であると考えます。
海洋政策研究所では、その時々の海洋に関する社会の関心事項の中からテーマを選定して、概ね月1回のペースで「海洋フォーラム」を開催しています。
海洋問題に関心の深い皆様のご参加をお待ち申し上げます。

【最新回】
第158回海洋フォーラム「バケツ一杯の水で棲んでいる魚がわかる技術:環境DNAメタバーコーディング法の概要と実際」
日時 2019年1月29日(月)17:00~18:30(受付開始16:30)
会場 東京都港区虎ノ門1-15-16 笹川平和財団ビル 11階国際会議場
(東京メトロ銀座線 虎ノ門駅下車 出口4 徒歩1分)
講師 宮正樹氏(千葉県立中央博物館生態・環境研究部長)
注)講師、演題については予告なく変更することがありますので、予めご了承下さい。

 科学技術が急速に発展した今日においても、「どこにどんな生きものがいるのか?」というシンプルな問いに答えるのは簡単ではありません。特に水生生物である魚の場合には、魚を潜水観察したり漁具で採集したりなど、多大な労力や費用、時間や専門知識が求められます。

 そこで、今回の海洋フォーラムでは、魚が水中に放出したDNA(環境DNA)を用いて、そこにどんな魚が棲んでいるのかが分かる環境DNAメタバーコーディング法(多種同時並列分析法)の概要と実際について、最新の研究成果に基づき、われわれの海に対する既成概念に対して今後この技術がどのようなインパクトを与えるのかについてご講演頂きます。

 なお、今回の海洋フォーラムに先立ち、同日10時より当研究所とJST-CRESTとの共催にてJST-CREST「海洋生物多様性」研究領域公開シンポジウム2019第1回「環境DNA技術の現在:生態系観測の未来を展望する」を開催致しますのでぜひご参加下さい(詳細はこちらをご参照下さい)。

◆海洋フォーラムへの『参加申込み』は、当ホームページ・FAX・郵送のいずれでも受付けています。

申込書ダウンロード

FAXまたは郵送でお申し込みされる方は、「参加申込書PDF」をダウンロードし、プリントアウトしてください。

※ 申込み受付のご連絡はいたしませんので、当日直接会場にお越し下さい。

ページトップ