笹川平和財団/ユソフ・イサーク東南アジア研究所共催 連続ウェビナーのご案内

「東南アジアにおける責任ある企業行動の促進」ウェビナー・シリーズ(全6回)

第1回「新しい現実への対応:東南アジアにおける責任ある企業行動を促進するための制度的メカニズム」
(2020.9.2開催)

今も続く新型コロナパンデミックによって、責任ある企業行動を促進するために行われてきた様々な取り組みの成果や進展が蝕まれつつあります。ウェビナーシリーズ第1回は「新しい現実への対応: 東南アジアにおける責任ある企業行動を促進するための制度的メカニズム」と題し、新型コロナの影響も踏まえつつ、責任ある企業行動に関する取り組みを国または地域レベルの政策に導入するため制度的メカニズムに着目し、その現状と課題について議論を行います。本セッションでは、異なるステークホルダーやアクターが、新型コロナパンデミックの負の影響を予防又は低減するために、どのように協力することができるのかを検討します。

第2回以降の日時とテーマは以下のとおりです。

第2回 9月9日(水) 10:30-12:00 アジアの労働力と企業のエンゲージメント
第3回 9月16日(水) 10:30-12:00 移民と社会的保護の強化
第4回 9月23日(水) 10:30-12:00 持続可能な金融と不平等の是正
第5回 9月30日(水) 10:30-12:00 環境保護と企業の責任
第6回 10月7日(水) 10:30-12:00 東南アジアにおける責任あるビジネス行動の未来
日時
2020年9月2日(水)10:30~12:00
開催方法
オンライン
主催
笹川平和財団、ISEAS Yusof Ishak Institute
プログラム

「東南アジアにおける責任ある企業行動の促進」ウェビナー・シリーズ
第1回「新しい現実への対応: 東南アジアにおける責任ある企業行動を促進するための制度的メカニズム」

 
10:30 開会あいさつ
 角南 篤 笹川平和財団理事長
 チョイ・シン・クオック ユソフ・イサーク東南アジア研究所所長
パネリスト報告
 スリヤ・デヴァ教授
 アイシャ・ビディン教授
 シャン・ワンホン教授
 セリーナ・アブドゥル・ラハマン教授
質疑応答
モデレーター
 佐藤暁子氏
12:00 閉会
使用言語
英語(日英同時通訳あり)
その他
参加費無料、日英同時通訳付、申し込み先着順(最大300名)
お申込について
参加登録は、共催団体のユソフ・イサーク東南アジア研究所のシステム上で行います。後ほどズーム・オンライン会議参加用のURLが登録されたメールアドレスに送付されますので、当日はそのURLを使ってご入室ください。登録情報はユソフ・イサーク東南アジア研究所と共有させていただきます。
事務局
笹川平和財団アジア事業グループ宛(植田・山下)
Email:a-ueda@spf.or.jp / y-yamashita@spf.or.jp
Tel:080-4147-3666 / 080-3524-4475

※取材についてのお問い合わせは経営企画部メディアリレーション課へお願いいたします。
Tel:03-5157-5398 Email:spfpr@spf.or.jp
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ