新着情報

一覧にもどる

真鍋淑郎博士 特別講演会「地球温暖化と海洋」動画を公開しました

2021.10.27

今年のノーベル物理学賞を授賞されました真鍋淑郎博士は、1960年代からコンピュータによる数値計算で大気と海洋の循環を定量化し、温暖化予測シミュレーションの研究を行い、現在の地球温暖化研究の基礎を築かれました。

真鍋博士には、笹川平和財団の海洋政策研究所(OPRI)の地球温暖化と海洋の関係に関するプロジェクトなどにご協力をいただいてきました。2011年に「Ocean Newsletter」第267号に記事を寄稿いただいたほか、2017年10月の来日の際には「地球温暖化と海洋」をテーマにした特別フォーラムにてご講演いただきました。今回公開される動画は、この2017年の講演当時の真鍋先生の音声とスライドになります。特別フォーラムでは、同年に学術誌「Nature Climate Change」に掲載された、海洋循環と気候変動に関する論文の結果を中心として、南極周極流から炭素循環に至るまで幅広くお話いただきました。


動画は下記リンク、笹川平和財団YouTubeチャンネルよりご覧ください。
【2021年ノーベル物理学賞受賞】眞鍋淑郎博士 特別講演会「地球温暖化と海洋」(2017年10月31日)

参照:
2017年の特別フォーラム「地球温暖化と海洋」の開催報告
Ocean Newsletter 第267号「地球温暖化と海」

(文責:海洋政策研究所 角田 智彦 主任研究員)

ページトップ