フェローシップ

ウッドロー・ウィルソン国際学術センター・ジャパンスカラー

プログラム概要

世界の変化を視野に入れた中長期的視点に基づく日米間の相互理解の促進と、日本と米国の外交政策に関わる関心と視点を持った日本人研究者の増加が必要であるとの認識の下、笹川平和財団日米グループは、ウッドロー・ウィルソン国際学術センター・アジアプログラムとの協力により、同センターへのジャパンスカラー派遣を2009年度以降10年以上に亘り毎年実施してまいりました。ジャパンスカラーは、約半年から1年の間、ワシントンDCの同センターに滞在し、研究・発信活動を行うことができます。これまでに多くの研究者やメディア関係者が派遣されてきました。

2022年度ジャパンスカラー募集概要

2022年度ジャパンスカラーの募集概要は以下の通りです。詳細の募集要項については、ウッドロー・ウィルソン国際学術センターのウェブサイト https://www.wilsoncenter.org/competition-japan-scholars でご確認ください。

(1) 募集内容
ウッドロー・ウィルソン国際学術センター・ジャパンスカラー

(2) 募集人数
1名(予定)

(3) 滞在先(受け入れ先)
米国・ウッドロー・ウィルソン国際学術センター・アジアプログラム

(4) 派遣期間
① 2022年4月~9月 ② 2022年10月~2023年3月 ③ 2022年4月~2023年3月 ④ 2022年4月~2023年1月の中からスカラーが選択し、ウィルソンセンターと調整の上決定する

(5) 応募要件
①日本国民もしくは永住者、②(原則として)博士号保持者、③日米関係・東アジア情勢に関心を有していること、④8年以上の実務・研究経験を有していること、⑤英語が堪能であること

(6) 提出書類
①カバーレター(英文)、②英文履歴書(英文)、③研究業績(英文)
・提出書類一式を11月5日までにメールアドレスwwc-japan-scholars@spf.or.jpまでお送りください。
・応募書類は全て英語となります。
・カバーレターには、申請時に推薦者2名の氏名を記載する必要があります。
・1次選考通過者には面接までに推薦状2通の提出を求めます。
・必要な応募書類、およびその他の詳細については、必ず事前にウィルソンセンターウェブサイト https://www.wilsoncenter.org/competition-japan-scholars をご確認ください。        

(7) 選考スケジュール(予定) 応募締め切り:2021年11月5日(金)(日本時間)
    11月中旬: 書類選考
            笹川平和財団/ウィルソンセンター各々が設置する選考委員会において書類選考通過者を決定
    12月上旬: 面接選考
            笹川平和財団/ウィルソンセンターが合同で書類選考通過者のオンライン面接を実施
    12月下旬:スカラーを最終決定
          2022年4月以降: 渡米

(8) 問い合わせ先wwc-japan-scholars@spf.or.jp
ご質問等お問い合わせについては、応募申請同様、上記のメールアドレスにお送りください(担当:村田、佐野)。
本件に関する電話でのお問い合わせはご遠慮いただきますようお願いいたします。
 

これまでのフェロー (敬称略)

九州大学准教授(2019年度)

慶應義塾大学教授(2018年度)

慶應義塾大学環境情報学部教授(2017年度)

慶應義塾大学法学部准教授(2016年度)

政策研究大学院大学教授(2015-2016年度)

神戸女子大学准教授(2014年度)

ミネソタ州立大学マンケイト校政治学准教授(2014年度)

東京大学教授(2013-2014年度)

慶應義塾大学教授(2013年度)

(2012-2013年度)

慶應義塾大学准教授(2012年度)

同志社大学教授(2011年度)

ハワイ大学教授(2011年度)

朝日新聞元ジャカルタ支局長(2010-2011年度)

オックスフォード・ブルックス大学上級講師(当時)(2010年度)

東京大学准教授(2009年度)

東京大学准教授(2009年度)

      

SPFフェローシップ※SPFフェローシッププログラムおよびフェロー募集は終了致しました。

日米の若手研究者に、調査研究、国際会議参加等を通じたオピニオンリーダー達との交流やネットワーク拡大の機会等を提供し、次世代の日米交流、政策コミュニティの中心として活躍する若手研究者、実務家の育成を支援しています。
  • 実施団体:パシフィック・フォーラム戦略国際問題研究所(CSIS)
  • 対象者:日本人、アメリカ人の若手研究者(20代後半~30代)
  • ①滞在型:ホノルルのパシフィック・フォーラムに最大6ヶ月滞在(滞在費・渡航費支給)
    ②非滞在型:国際会議、若手プログラムへの参加

これまでのフェロー (敬称略)

清水愛子

清水愛子

ペンシルバニア大学ロースクール卒業(2013年度日本人フェロー)
She was the 2013-2014 Japan resident SPF Fellow and a JD candidate at the University of Pennsylvania Law School. Shimizu's professional experiences include working at the United Nations, Permanent Mission of Japan to the UN and the International Tribunal for the Law of the Sea. Her works have been published in the Journal of International Affairs and Atlantic-Community.org. She received her MA in international affairs from Columbia University's School of International and Public Affairs (SIPA) and a BA in political science and international studies from the University of Chicago.

サチ・ガービン(Ph.D)

サチ・ガービン(Ph.D)

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)博士課程修了。生物化学博士(Ph.D.)(2013年度米国人フェロー)
She was the 2013-2014 US resident Sasakawa Peace Foundation fellow at Pacific Forum CSIS. She received a BS in biology from Harvey Mudd College, and a PhD in biological chemistry from UCLA, where she gained a background in cell and cancer biology. She has taught science to a broad audience, as a high school biology teacher in Japan through the Japan Exchange and Teaching (JET) Program, and as a writer for Nature Publishing Group's education website. Sachi was a Christine Mirzayan Science and Technology Policy Graduate fellow at the National Academies, where she helped promote engineering through various communication outlets, including a radio series on engineering innovations. Her current research focuses on ways for the US and Japan to cooperate on combating antimicrobial resistance, a global health security issue.

太 栄志

太 栄志

中央大学修士課程修了。元国会議員秘書(2012年度日本人フェロー)
He was the SPF Resident Fellow at the Pacific Forum from July-October 2012. He is currently a Japan Scholar at the Woodrow Wilson International Center for Scholars in Washington and has been a Research Associate for the Program on US-Japan Relations at the Weatherhead Center for International Affairs at Harvard University from 2011 to 2012. Previously he served as chairman of the Harvard Commemorative Cherry Tree Planting Initiative for the 100th anniversary of cherry trees given to the United States from Japan. During 2009-2011, he worked as a visiting fellow at the Center for US-Japan Studies and Cooperation at Vanderbilt University. He was also a Japan Studies fellow at the East-West Center in Washington in 2012. Prior to his fellowship in the United States, He served as Chief of Staff at the office of Akihisa Nagashima, a House of Representatives member and former Vice Minister of Defense. He earned his BA in law and MA in political science from Chuo University, Tokyo, Japan.

ジェニー・リン

ジェニー・リン

アメリカン大学修士課程修了。(2012年度米国人フェロー)
She was the 2012-2013 Resident Sasakawa Peace Foundation Fellow. She was born in Taiwan and immigrated to the US when she was ten years old. She received her MA in public policy from American University and BA in government and Asian studies from the University of Texas in Austin. Her area of research includes: the US-Japan alliance; energy security; and developments of the Chinese military, space industry, and cyber security. Her publications include: The Chinese People's Liberation Army Signals Intelligence and Cyber Reconnaissance Infrastructure; Weather Satellite Surveillance; and China's Energy Security Dilemma. Publications she contributed to include: China's Evolving Space Capabilities: Implications for US Interests; Buy, Build, or Steal: China's Quest for Advanced Military Aviation Technologies. In Spring 2012, She was invited to present her publication at the School of International Service, American University.

松原実穂子

松原実穂子

元防衛省勤務/ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)修士課程修了(2011年度フェロー)

ジャスティン・ゴールドマン

ジャスティン・ゴールドマン

元海兵隊勤務/南洋技術大学修士課程修了(2011年度フェロー)

峯畑昌道

峯畑昌道

英国ブラッドフォード大学博士課程修了(2010年度フェロー)

エリック・セイヤーズ

エリック・セイヤーズ

南洋技術大学修士課程修了(2010年度) 現在米国議会スタッフを務める。

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

アジア戦略イニシアチブ

ホームへ

ページトップ