新着情報

一覧にもどる

4/4『ナゾの国 おどろきの国 でも気になる国 日本』出版記念報告会

【笹川平和財団 笹川日中友好基金主催 イベントのご案内】
4/4『ナゾの国 おどろきの国 でも気になる国 日本』出版記念報告会
【~来た!見た!感じた!!中国人ブロガーの日本体験談~】
(2017.4.4開催)
募集は終了しました
大多数の中国人にとって、日本に関しての知識は限られたものであり、時には偏見や誤解を含んだものもあります。笹川日中友好基金は、そうした問題を少しでも取り除こうと、中国で数十万~数百万のフォロワーを持つ人気ブロガーに日本取材の機会を提供してきました。2011年から2015年までの5年間で14回にわたって35人を招き、取材テーマも東日本大震災、日中関係、食の安全、農村、お祭り、選挙など多岐にわたります。2016年3月に『大家看日本(皆が見る日本)』として35人のうち22人の体験談を中国で刊行し、2017年3月にその邦訳『来た!見た!感じた!!ナゾの国 おどろきの国 でも気になる国 日本』を日本で刊行しました。今回は執筆者のうち10人に来日してもらい、その目で見て感じた「日本」について改めて語ってもらいます。中国人ブロガーの率直な日本論にぜひ耳を傾けて頂けたらと存じます。
講演者プロフィール
<周 志興>  米中新視角基金会会長、元共識メディアグループ総裁
<封 新城>  華人文化産業投資基金運営パートナー、週刊誌『新周刊』元編集長
<章 弘>   東鯤文化交流有限公司董事長、中国中央電視台コメンテーター
<関 軍>   ジャーナリスト、ノンフィクション作家、元『南方週末』『中国新聞週刊』記者
<李 礼>  『東方歴史評論』編集長、元『炎黄地理』編集者
<巫 昂>   作家、『作文塾』代表
<許 知遠>  作家、単向街書店代表
<楊 瀟>   ジャーナリスト、元『南方人物週刊』主筆
<馬 暁霖>  北京外国語大学教授、ブログサイト博聯社代表、元新華社中東地域担当記者
<劉 新宇>  北京上学路上公益促進センター発起人
【日時】
2017年4月4日(火)16:00~18:00(15:30受付開始)
【会場】
笹川平和財団ビル11階 国際会議場
東京都港区虎ノ門1-15-16 笹川平和財団ビル(地図
東京メトロ銀座線 虎ノ門駅下車 出口4より徒歩1分
【主催】
笹川平和財団
【プログラム】
4/4『ナゾの国 おどろきの国 でも気になる国 日本』出版記念報告会
16:00 開会式
16:10 来日ブロガーによる発表
17:20 コメント、質疑応答
18:00 閉会
【使用言語】
日中同時通訳
【その他備考】
参加費無料、申し込み先着順
【書籍販売のお知らせ】
会場ロビーにおきまして、日本僑報社様による臨時書籍販売を行います。
販売書籍:『ナゾの国 おどろきの国 でも気になる国 日本』ほか
※書籍販売について、セミナー会場へのお問合せはご遠慮ください。
※サイン本の販売、サイン会の予定はございません。
※購入時、購入後のお問合せにつきましては、日本僑報社様までお願いいたします。
※日本僑報社連絡先:TEL03-5956-2805 FAX03-5956-2809
【お申し込み】
講演会への参加をご希望の方は、4月3日(月)17:00までにリンク先の申込フォームよりお申し込みください。
※定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー・講演会等へご案内する際に使用させていただきます。
【お問い合わせ】
笹川平和財団笹川日中友好金事業室宛(胡・小林・原島)
お問い合わせはこちら
tel. 03-5157-5190
募集は終了しました
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ