尾形武寿 日本財団理事長・笹川日中友好基金運営委員長、 
福建省「名誉公民」の称号を獲得

2019.10.04
福建省で第5回福建省「名誉公民」称号の授与式に出席
永年にわたる日本と福建省民間交流への尽力が評価


 令和元年9月27日、福建省福州市内のホテルで、福建省政府が外国人へ授与する最高の栄誉である「名誉公民」称号の授与式、並びに中華人民共和国成立70周年の祝賀式典が開催されました。式では、永年に亘り日本と福建省の人的交流活動に携わって来た、日本財団理事長であり、笹川平和財団の笹川日中友好基金運営委員長をも務める尾形武寿氏が、唐登傑省長から2019年度第5回福建省「名誉公民」の称号を授与されました。
 
 同氏はまた、同日夕方に開かれた福建省政府主催の中華人民共和国創立70周年の祝賀レセプションに出席しました。滞在するホテルの会議室で、それぞれの専門分野からの助言発表が行われました。

福建省「名誉公民」
(キャプション)福建省テレビ局のインタビューを受ける尾形理事長

福建省テレビ局のインタビューを受ける尾形理事長

 「名誉公民」の称号は、福建省の経済社会発展に大きく貢献した外国人を表彰するために、福建省人民政府政府が1995年に創設しました。これまでに4回、計14人の外国人が同称号を授与されています。今回は5回目となり、アメリカ合衆国(2名)・日本(2名)・イタリア(1名)・スロヴァニア(1名)・ベルギー(1名)計7人が福建省「名誉公民」の称号が授与されました。 
          

福建省テレビ局の報道より

福建省テレビ局の報道より

 
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ