新しい男性の役割に関する提言

2018年度事業

所属 アジアの人口動態事業グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
年数 3年継続事業の1年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥23,000,000

事業概要

日本および東・東南アジア地域における男女の固定的な役割分担意識や制度・慣行を中和し、男女格差を是正するために、古典的な男性像とは異なる新しい男性像を提案します。また、各国の比較調査研究を踏まえ、効果的で地域の実情に即した男性を対象とした事業の実施や政策提案を目指します。

担当研究員

植田 晃博

活動報告(出張報告、会議開催、イベント)

東アジア5都市の男性性に関する意見交換会
本事業の一環として、東京、ソウル、台北、上海、香港における20歳から60歳の男性計5,000名を対象として、それぞれの都市の男性性に関するアンケート調査を実施しました。調査では、家庭や職場における性別役割分担意識の意識や行動などについて質問しました。その解析結果をまとめた分析レポート(暫定版)について、ジェンダー専門家7名から意見を聴取するため、2月20日に当財団で意見交換会を行いました。

過去の実績(これまでの歩み)

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ