アジアメディアネットワーク構築

2019年度事業

所属 アジア事業グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
年数 3年継続事業の1年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥20,000,000

事業概要

アジア地域では報道機関に対する圧力が高まるなど、メディアの置かれている状況が厳しくなっています。本事業では、東南アジアと日本のメディアのネットワークを構築・強化することで、国レベルを超えた地域的な視点からの報道を増やし、東南アジアと日本に共通する課題の解決の促進を目指します

担当研究者

林 明仁

活動報告(出張報告、会議開催、イベント)

ワークショップ「多様性に配慮したジャーナリズム」@ボゴール
公益財団法人 笹川平和財団が支援した「多様性に配慮したジャーナリズム」をテーマにしたワークショップが11月7〜8日、インドネシアのボゴールで開かれた。
社会の分断が進み、民主主義の後退が世界中で指摘される中、新聞・雑誌・テレビなどメディアは新たな読者・視聴者獲得に苦しみ、業界を取り巻く環境は厳しくなっている。2日間のワークショップでは、そうした現状を踏まえ、東南アジア諸国から集ったジャーナリストと活動家約40人が、多様性と質を確保したジャーナリズムのあり方について活発な議論を交わした。
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ