『海洋白書2019』 刊行のお知らせ

2019.04.15

 笹川平和財団海洋政策研究所は、2019年4月18日(木)に『海洋白書2019』を刊行します。
『海洋白書』は、海洋に関する国内外の一年間の出来事や動向を幅広く横断的にまとめた報告書です。わが国の海洋の諸問題への取り組みに資することを目指し、海洋政策研究所が2004年より毎年刊行してきました。16冊目となる今回は、より幅広い層に海の問題や現状について分かり易く知ってもらうためにデザインを一新し、巻頭特集では海洋プラスチック問題を取り上げ、専門性の高い海洋モニタリングや海洋エネルギー・資源の概観をカラーイラストと写真で分かりやすく解説する等の工夫を凝らしています。さらに昨年に引き続き海洋の各分野の専門家による13本のコラム記事を掲載しています。

海洋白書2019 【巻頭特集や図解を初掲載】
  • 創刊から続けてきたデザインを一新しました。
  • 初めて巻頭特集を導入しました。「なぜプラスチックが海の問題なのか」と題し、6月に大阪で開催されるG20でも議題となる海洋プラスチック問題を取り上げました。
  • 初めて見開きの「図解」を導入し、海洋モニタリングや海洋エネルギー・資源の概観をカラーイラストと写真で解説しています。
【読みやすい3部構成】

第1部:科学技術が切り拓く海洋(第1章)、海洋環境の保全(第2章)、海洋の新産業(第3章)、海洋の安全(第4章)について、各分野の専門家が一般向けに解説しています。
第2部:海洋に関する国内外の動きを日誌形式でまとめています。
第3部:第1部・第2部に関する資料を掲載しています。

発行日:2019年4月18日
出版社:(株)成山堂書店(TEL:03-3357-5861)
定価:本体2,000円(税別)/ISBN978-4-425-53166-0
※全国の書店などでお求めいただけます



巻頭特集のイメージ
【お問い合わせ先】
公益財団法人笹川平和財団 広報課 尾形、上津原、野坂
Tel. 03-5157-5398
お問い合わせフォーム

プレスリリース一覧に戻る

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ