SPF China Observer アフガニスタン情勢に対する中国の認識(2021.9.27開催)

 笹川平和財団では、サテライトサイト「SPF China Observer」を通じて、日本の中国専門家が、中国の政治、経済、社会、外交、安全保障についての分析を発信するプロジェクトを行っています。また、本プロジェクトの執筆者を中心に、公開フォーラムを定期的に開催しています。

 2021年度第2回となる今回は、急激に変化したアフガニスタン情勢に焦点をあて、中国側の視点からこれをどう見るのか、米軍の撤退を含めたアフガニスタン情勢に対する中国の認識を議論します。スピーカーには、「米新政権に対抗する中国の世界観」を執筆いただいた井上一郎関西学院大学教授を、ディスカッサントには、「SPF China Observer」監修者でもある高原明生東京大学教授をお招きし、モデレータは小原凡司笹川平和財団上席研究員が務めます。

 多くの皆さまのご参加をお待ちしております。

【参考情報】
「SPF China Observer」はこちらからご覧いただけます。
講演者名
スピーカー:
井上 一郎 氏(関西学院大学総合政策学部 教授)

ディスカッサント:
高原 明生 氏(東京大学公共政策大学院/法学政治学研究科 教授)

モデレータ:
小原 凡司  (公益財団法人笹川平和財団 上席研究員)
 
講演者プロフィール(敬称略)

井上 一郎 Ichiro Inoue

関西学院大学総合政策学部 教授
 
専門は中国外交(中国の大国外交、外交政策決定メカニズム、対外危機管理政策、日米中関係等)。外務省を経て、2011年関西学院大学総合政策学部准教授、2016年同教授。関西学院大学法学部卒業。米国タフツ大学フレッチャー法律外交大学院修了(国際関係論)。米国ジョンズ・ホプキンス高等国際問題研究大学院客員研究員(2019-20)。主要論文として「政権交代における中国外交の変化と継続性-江沢民政権との比較における胡錦濤政権の対日政策」『国際政治』第177号(日本国際政治学会、2014年10月)、「グローバル化時代の中国外交部」『アジア研究』64巻4号(アジア政経学会、2018年10月)など。

高原 明生 Akio Takahara

東京大学公共政策大学院教授(法学政治学研究科教授兼務)

1981年東京大学法学部卒、88年英国サセックス大学にて博士号取得。立教大学教授等を経て2005年より東京大学大学院法学政治学研究科教授、2016年より同大公共政策大学院教授を兼任(2018-20年公共政策大学院院長)。在中国日本大使館専門調査員、英国開発問題研究所理事、ハーバード大学訪問学者、アジア政経学会理事長、新日中友好21世紀委員会委員(日本側秘書長)、北京大学訪問学者、メルカトール中国研究所上級訪問学者などを歴任。日本国際問題研究所上席客員研究員、日本国際フォーラム上席研究員、JICA緒方貞子平和開発研究所所長を兼任。近著に『シリーズ中国近現代史⑤ 開発主義の時代へ1972-2014』(共著、岩波新書)、『東大塾 社会人のための現代中国講義』(共編、東京大学出版会)、『中国の外交戦略と世界秩序――理念・政策・現地の視線』(共編、昭和堂)。

小原 凡司 Bonji Ohara

笹川平和財団上席研究員
 
1985年 防衛大学校卒業、1998年 筑波大学大学院(地域研究修士)修了(修士)。1985年に海上自衛隊入隊後、回転翼操縦士として勤務。2003年~2006年 駐中国防衛駐在官。2006年防衛省海上幕僚監部情報班長、2009年 第21航空隊司令、2011年IHS Jane’s アナリスト兼ビジネス・デベロップメント・マネージャーを経て、2013年に東京財団、2017年6月から現職。単書に『中国の軍事戦略』(東洋経済新報社)『軍事大国・中国の正体』(徳間書店)『何が戦争を止めるのか』(ディスカバートゥエンティワン)『曲り角に立つ中国』共著(NTT出版)、共著に『米中新冷戦の幕開け』(東洋経済新報社)、『よくわかる中国現代政治』(ミネルヴァ書房)等。

日時
2021年9月27日(月)11:00-12:00
開催方法
オンライン(YouTubeライブ/本登録後、申込締切日当日に参加用URLをご案内いたします。)
主催
公益財団法人 笹川平和財団
プログラム

SPF China Observer アフガニスタン情勢に対する中国の認識
 
11:00-11:05 開会
11:05-11:45 パネルディスカッション(敬称略)
井上 一郎(関西学院大学総合政策学部 教授)
高原 明生(東京大学公共政策大学院教授/法学政治学研究科 教授)
小原 凡司(公益財団法人笹川平和財団 上席研究員)
11:45-12:00 質疑応答
12:00 閉会
その他備考
参加費無料
使用言語
日本語/英語(同時通訳)
お申込について
参加ご希望の方は、9月24日(金) 11時59分までに、本ページよりお申込みください。

※ 本登録後、9月24日(金)17時を目途に、参加用URLをご案内いたします。
※ お申込み後、登録されたメールアドレスに仮登録確認メールが届きます。お手数ですが24時間以内にメールにあるURLをクリックし登録を完了してください。
※ お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー・講演会等へご案内する際に使用させていただきます。
※ 回線・機器の状況によっては通信が不安定になったり、それを原因とした映像等の不具合が生じたりする可能性がございます。
 
事務局
笹川平和財団 安全保障研究グループ
Tel:03-5157-5209 Email:anpo-event@spf.or.jp

※取材についてのお問い合わせはコミュニケーション企画部広報課へお願いいたします。
Tel:03-5157-5389 Email:spfpr@spf.or.jp
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ