【笹川平和財団 日米交流事業主催 講演会のご案内】
「変化する国際社会におけるシンクタンクの役割」
(2018.8.28開催)

 笹川平和財団は「日米オピニオンリーダー交流」事業の一環として、ペンシルベニア大学のジェームズ・マクガン博士と、ジョンズ・ホプキンス大学のケント・カルダー教授をゲストにお招きし、パネル・講演会を開催します。


 マクガン博士は、米国に留まらず世界各国のシンクタンク研究で著名な研究者で、ペンシルベニア大学から発行されている『Global Go To Think Tank Index Report』は6,000を超える世界のシンクタンクを調査し、毎年多くの注目を集めています。また最新著作として『Think Tanks, Foreign Policy and the Emerging Powers』(Palgrave Macmillan、2018年)があります。一方、カルダー教授は、日本政治や東アジアの国際関係を専門とする米国きっての知日派研究者、国際政治経済学者であり、『ワシントンの中のアジア』(中央公論新社、2014年)をはじめ数々の著作を出版されているほか、日米のシンクタンクや非営利民間団体の活動についても幅広い知見をお持ちです。


 米国や欧州を中心に発展してきたシンクタンクは、情報やコミュニケーション手段、また世界情勢の飛躍的変化に伴い近年更に重要性を高めています。また各国・地域の政治体制や市民社会環境の違いによって、多様な属性や機能を持つシンクタンクが現れ、インドや中国等の新興大国でも力を持ち始めていると言われます。他方米国では、ホワイトハウスと大統領自身を中心とした政策決定を特徴とするトランプ政権下で、ワシントンDCを中心としたシンクタンクの影響力や役割の低下も指摘されます。変化する世界情勢そして米国を前に、シンクタンクが今後果たすべき役割とは何か、求められる変化とは何か、日米関係、日本の役割等も含めお二人の専門家に忌憚のないお話を伺い、議論したいと思います。多くの皆様のご参加をお待ちしています。

「変化する国際社会におけるシンクタンクの役割」
日時
2018年8月28日(火)16:30-18:30 (16:00受付開始)
会場
笹川平和財団ビル11階 国際会議場
(銀座線虎ノ門駅より徒歩1分、あるいは霞ヶ関駅より徒歩5分)
〒105-8524 東京都港区虎ノ門1-15-16(地図
主催
公益財団法人笹川平和財団
プログラム

「変化する国際社会におけるシンクタンクの役割」

16:30

開  会

16:30-16:35

開会挨拶
16:35-17:50 講 演: 「変化する国際社会におけるシンクタンクの役割」
講演者:
ジェームズ・マクガン 博士
ペンシルベニア大学 シンクタンクと市民社会プログラム ディレクター
ケント・カルダー 教授
ジョンズ・ホプキンス大学 ポール・H・ニッツェ高等国際関係大学院(SAIS)副学長
エドウィン・O・ライシャワー東アジア研究所所長
コメンテーター:
茶野順子(笹川平和財団 常務理事)
モデレーター/コメンテーター:
渡部恒雄(笹川平和財団 上席研究員)

17:50-18:30

質疑応答

18:30

閉  会
使用言語
日英同時通訳
その他
参加費無料、申込先着順
お申込について
参加ご希望の方は、8月27日(月)17:00までに、本ページよりお申し込みください。
※定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー・講演会等へご案内する際に使用させていただきます。
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。お車でお越しの際はお近くのコインパーキングのご利用をお願い致します。
事務局
公益財団法人笹川平和財団 日米交流事業グループ (村田・河野・宗像)
メール: japan-us@spf.or.jp
電話:03-5157-5141

※取材についてのお問い合わせは広報課へお願いいたします。
広報課(尾形・中原・上津原)
Tel 03-5157-5398 Email spfpr@spf.or.jp
財団について
助成申請
年度
年度
メルマガ登録はこちら
その他一覧

ページトップ