多様性のある政治リーダーシップ~男女平等な政治参画に向けて


カテゴリー区分 書籍
一般/基金区分 笹川平和財団
発行 2016.03
著者/編者 民主主義・選挙支援国際研究所/笹川平和財団
備考 単行本(ソフトカバー): 204ページ
発行人: 笹川平和財団
プロジェクトチーム: 堀場明子、新井里彩、植田晃博
翻訳:(株)クリムゾン・インターナショナル、新井里彩、植田晃博
編集: 堀場明子、新井里彩、植田晃博
校正・印刷・表紙デザイン: 株式会社アーバン・コネクションズ
言語: 日本語
ISBN: 978-4-904486-51-1


◆本書の説明

政治分野における男女平等は、経済、教育、保健衛生分野の男女平等と比較し、世界中で著しく遅れている。2016年2月における列国議会同盟(IPU)のデータによると、全世界の国会議員の中で女性の割合は平均22.6%、アジア地域の平均では19.1%となっている。日本は、衆議院で9.5%、参議院で15.7%であり、加盟国190か国中156位である。こうした現状を鑑み、笹川平和財団では「女性政治リーダーシップの国際比較」事業を立ち上げました。本書はその成果の一環であり、民主主義・選挙支援国際研究所(International IDEA)が出版したWomen in Parliament: Beyond Numbers, Revised Edition (2005)、The Implmentation of Quotas: Latin American Experiences (2003)、The Implementaiton of Quotas: European Experiences (2005)から選りすぐりの論文を抜き出し、編集したものです。

目次

まえがき

第1章 女性の議会参加に対する障壁

第2章 女性の政治参加促進: 候補者選定と選挙制度

第3章 女性政治家を増やす: ジェンダークオータ制の新潮流

第4章 海外事例の紹介

 クオータ制の先駆け:アルゼンチンの経験を超えて

 法の制定から実施へ:コスタリカにおける法改正

 フランスの経験:パリテ(完全男女平等)の制度化

 ベルギーにおけるジェンダークオータ制の実現:法律の施行から得られる教訓

財団について
助成申請
年度
年度
メルマガ登録はこちら
その他一覧

ページトップ