アジア・インパクト対話

2019年度事業

所属 アジア事業グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
年数 3年継続事業の2年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥35,000,000

事業概要

本事業は、日本とアジアが直面する共通の社会的課題に対し、域内各国の専門家や市民社会、制作担当者との「対話」を通じて、現地のニーズや多様性に配慮しながら解決策を見つけることを目的としています。これまでは「アジアの高齢化」を重点テーマとして、シンガポール、福岡、ベトナムで現地パートナーとワークショップを共催しました。

担当研究員

植田 晃博

過去の実績(これまでの歩み)

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ