海洋教育海洋教育パイオニアスクールプログラム 2019年度募集を開始しました

2018.10.16

 公益財団法人笹川平和財団海洋政策研究所(東京都港区 会長:田中伸男)は、日本財団および東京大学海洋アライアンス海洋教育促進研究センターと共同で実施している全国の学校を対象とした助成金制度「海洋教育パイオニアスクールプログラム」の2019年度の募集を開始しました。

 日本の教育現場における海洋教育への取り組みは、2018年5月に政府が決定した「第3期海洋基本計画」において、2025年までに全市町村での海洋教育の実施を目指すことが明記され、その重要性が高まりつつあります。

 「海洋教育パイオニアスクールプログラム」は、「海」をテーマにした様々な視点からの学習を実践する全国の学校または教育委員会に対し必要な活動資金を支援することで、日本の教育現場において海洋教育の広がりと質的な向上を図ることを目的としています。2018年度は146件の活動に対し助成を行い、全国各地で実践が行われています。

2019年度は学校を対象とした部門に加え新たに教育委員会を対象とした部門を設けました。これまで行ってきた海の学習をより充実させたい、あるいは新しい海の学びに取り組んでみたい、という地域や学校の皆様からのご応募をお待ちしております。

募集要項、申請方法等の詳細は、パイオニアスクールウェブサイトにてご覧いただけます。
https://www.spf.org/pioneerschool/application

2019年度「海洋教育パイオニアスクールプログラム」募集概要

①地域展開部門
対  象: 教育委員会または自治体
募集内容:教育委員会や自治体の主導により年間を通じて行う海洋教育のパイロットモデルとなるような取り組み
対象期間: 1年~3年まで(2019年4月1日~2022年3月31日)
助成金額: 最大3年間で500万円~3,000万円程度
募集期間: 2018年10月1日(月)~10月31日(水)
助成件数: 10地域程度

②単元開発部門
対  象: 全国の国・公・私立の幼稚園、小学校、中学校、高等学校等
募集内容: 独創的・挑戦的なカリキュラムの開発
対象期間: 2019年4月1日~2020年3月31日に実施される学習活動
助成金額: 上限30万円
募集期間: 2018年10月1日(月)~11月30日(金)
助成件数: 100件程度


【お問い合わせについて】
本プレスリリースに関しては、笹川平和財団広報課までお問合せください。
公益財団法人笹川平和財団 広報課(尾形、中原、上津原)
E-mail: spfpr@spf.or.jp
電話:03-5157-5398
FAX:03-5157-5420

プレスリリース一覧に戻る

財団について
助成申請
年度
年度
メルマガ登録はこちら
その他一覧

ページトップ