アルバロ・セデニョ・モリナリ駐日コスタリカ大使ご講演会
「非武装化の長期的な費用対効果とは-コスタリカの経験から」(2012.2.9開催)

募集は終了しました



*講演会の実施概要を掲載しております。詳細はこちらをご覧ください

過去に実施した講演会などをYouTubeでご覧いただけます。
講演会情報
笹川平和財団では、アルバロ・セデニョ・モリナリ駐日コスタリカ大使をスピーカーにお迎えし、2月9日(木)に講演会を開催致しました。

コスタリカは、1948年に常備軍を廃止し、その後の歴史においても非武装の立場を堅持、平和国家として独自の歴史を歩んできました。中米紛争が深刻化する中、83年には当時のモンヘ大統領が非武装中立を宣言し、87年には中米紛争の和平合意を主導したアリアス大統領がノーベル平和賞を受賞しています。同国は、高い教育レベル、整った福祉制度、安定した民主主義国家などでも知られています。

本講演会では、外交官としてのご経歴に加え、ご専門の平和研究の分野で母国コスタリカ、ノルウェー、オーストラリア等の研究機関で教鞭を取られたご経験をお持ちのセデニョ・モリナリ駐日大使に、コスタリカの非武装化の取り組みが長期的にもたらす効果についてお話しいただきました。

また、本講演会の司会者として、コスタリカを含む中南米諸国で豊かな取材経験をお持ちのジャーナリスト、伊藤千尋氏をお迎えしました。
日時:
2012年2月9日(木)16:00~17:30(15:30 受付開始)
会場:
日本財団ビル2階 大会議室(港区赤坂1-2-2)
主催:
公益財団法人 笹川平和財団
後援:
駐日コスタリカ大使館
プログラム:
「非武装化の長期的な費用対効果とは-コスタリカの経験から」
16:00-16:05  開催挨拶
16:05-16:20伊藤千尋氏によるイントロダクション
16:20-16:50講演: アルバロ・アントニオ・セデニョ・モリナリ駐日コスタリカ大使
「非武装化の長期的な費用対効果とは-コスタリカの経験から」
16:50-17:30質疑応答
司会: 伊藤千尋氏
(朝日新聞「Be」編集部、元サンパウロ・ロサンゼルス支局長)
その他:
日英同時通訳、参加費無料
お問い合わせ:
公益財団法人 笹川平和財団 事業部 佐藤、源
〒107-8523 東京都港区赤坂1-2-2 日本財団ビル4階
電話:03-6229-5439 Fax:03-6229-5473
以上
アルバロ・セデニョ・モリナリ駐日コスタリカ大使ご講演会
「非武装化の長期的な費用対効果とは-コスタリカの経験から(2012.2.9開催)」

募集は終了しました

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ