1/16 知的対話:日印パートナーシップの深化が生み出す可能性と役割
(2018年1月16日(火)開催)

募集は終了しました

 笹川平和財団では、インドを代表する指導者・有識者を招へいし、2018年1月16日(火)に講演会を開催致します。
 日印政府は、「特別戦略的グローバル・パートナーシップ」を提唱し、両国は近年、経済関係においてもより強固な関係を築きつつあります。不透明性が増すグローバルな政治・経済情勢の中で、日印関係の深化がもたらす可能性と役割とは何か、新たな展望を描く時期にあるといえます。
 本講演会では、インドの経済改革を中枢で率いてきたモンテック・アフルワリア氏をはじめ、インド経済の指導者、専門家をスピーカーにお招きし、日印協力の展望や、アジア地域における両国の役割について講演して頂きます。皆様のご参加を心よりお待ちしています。
「1/16 知的対話:日印パートナーシップの深化が生み出す可能性と役割」
日時
2018年1月16日(火)17:00~18:30(16:30受付開始)
会場

笹川平和財団ビル
〒105-8524 東京都港区虎ノ門1-15-16(地図
11階国際会議場
東京メトロ銀座線虎ノ門駅下車出口4より徒歩1分

主催
公益財団法人笹川平和財団
プログラム

知的対話:日印パートナーシップの深化が生み出す可能性と役割

17:00-17:05 挨拶(笹川平和財団 田中伸男会長)
17:05-17:20 ハリンダ―・コーリー氏(センテニアルグループインターナショナル会長)
17:20-17:45 モンテック・アフルワリア氏(元インド中央計画委員会の副委員長)
17:45-18:00 コメント ラジャット・ナグ氏(元アジア開発銀行 事務総局長)
18:00-18:30 質疑応答
使用言語
日英同時通訳
その他
参加費無料、申し込み先着順(定員200名)
お申込について
参加ご希望の方は、1月15日(月)13:00までに、本ページよりお申し込みください。
※定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー、講演会等へご案内する際に使用させていただきます。
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。お車でお越しの際はお近くのコインパーキングのご利用をお願い致します。 

募集は終了しました

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ