「南アジアにおける暴力的過激思想:政治・歴史的文脈と最新状況」のご案内
(2020.1.16開催)

 アルカイダやISILなどの国際テロ組織の影響は、国境を越えた安全保障のリスクであり、2016年のバングラデシュで起きたダッカ・レストラン襲撃人質テロ事件や、2019年のスリランカ連続爆破テロ事件など、日本人も巻き込まれる事件も起こっています。テロや暴力行為のリスクは、テロ組織を抱える当事者国・周辺国の問題だけにはとどまらず、アジアにおいても、ローカルな暴力的過激集団と国際テロ組織の連携が強まっており、世界中でテロや暴力行為のリスクは増していると言えます。

 こうした状況を背景に、南アジアにおける暴力的思想、暴力、テロリズムについて各国の政治・歴史的文脈に沿い丁寧に分析した『Radicalization in South Asia: Context, Trajectories and Implications』の編者であるMubashar Hasan氏、伊勢崎賢治氏、Sameer Yasir氏を招待し、最新の状況について議論します。


講演「南アジアにおける暴力的過激思想:政治・歴史的文脈と最新状況」
日時
2020年1月16日(木) 17:30~19:00(17:00受付開始)
会場
笹川平和財団ビル11階 国際会議場
(銀座線虎ノ門駅より徒歩1分、あるいは霞ヶ関駅より徒歩5分)
〒105-8524 東京都港区虎ノ門1-15-16(地図
主催
笹川平和財団 アジア事業グループ
プログラム

講演「南アジアにおける暴力的過激思想:政治・歴史的文脈と最新状況」

17:30- 17:40

開会挨拶  大野修一 (公益財団法人 笹川平和財団 理事長)

17:40 - 18:40

講演「南アジアにおける暴力的過激思想:政治・歴史的文脈と最新状況」
伊勢崎賢治氏(東京外国語大学 総合国際学研究院 教授)
Mubashar Hasan氏(オスロ大学 文化研究・東洋言語学科 リサーチフェロー)
Sameer Yasir氏(フリージャーナリスト)

18:40 - 19:00

質疑応答
使用言語
日英同時通訳
その他
参加費無料、申し込み先着順
お申込について
参加ご希望の方は、2020年1月14日(火)17時までに、本ページよりお申し込みください。お問い合わせは、笹川平和財団アジア事業グループ(林(早)、高橋、山田 03-5157-5160)までお願い致します。
※ 定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー・講演会等へご案内する際に使用させていただきます。
事務局
公益財団法人 笹川平和財団 アジア事業グループ
担当 林(早)、高橋、山田
Tel:03-5157-5160 Email:asiapeace@spf.or.jp

※取材についてのお問い合わせはメディアリレーション課へお願いいたします。
メディアリレーション課(尾形・上津原)
Tel:03-5157-5398 Email:spfpr@spf.or.jp
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ