第1回SPF安全保障セミナー
「ポスト冷戦」後の展望 ー米中新冷戦?あるいは更なる混沌か?ー
(2019.5.30開催)

 笹川平和財団では、財団内外の専門家により日本を取り巻く国際安全保障を巡る問題についての研究を進めております。本セミナーは、そのような研究の成果を広く共有することと、安全保障問題に関心を持つ方々の間でのネットワーク造りを目指すものです。今後、およそ2ヶ月に1回のペースで、その時折々の国際安全保障を巡るホットな問題を取り上げたセミナーを開催していく予定です。

 第1回となる今回は、「『ポスト冷戦』後の展望ー米中新冷戦?あるいは更なる混沌か? ー」と題して開催します。ポスト冷戦30年は、相次ぐ戦争、テロ、自然災害に翻弄される時代でした。この間、日本の安全保障政策は大きく変化しました。令和元年を迎えた今、米中対立が先鋭化する中、朝鮮半島情勢は予断を許さず、テロの脅威を払拭する見通しも明るくありません。今後の日本の安全保障がどうなっていくのかを、日米中の政策に精通する当財団の専門家が議論します。(先着300名様)

パネリスト:渡部恒夫上席研究員、小原凡司上席研究員、山口昇参与
モデレーター兼コメンテーター:西田一平太主任研究員
 渡部恒雄:笹川平和財団上席研究員。米戦略国際問題研究所(CSIS)上級研究員などを経て現職

 小原凡司:笹川平和財団上席研究員。海上自衛隊ヘリコプターパイロット、在中国日本国大使館防衛駐在官などを経て現職

 山口昇:笹川平和財団参与。在米国日本国大使館防衛駐在官、陸上自衛隊研究本部長(陸将)などを経て現職

 西田一平太:笹川平和財団主任研究員。内閣府PKO局研究員、東京財団研究員などを経て現職
「ポスト冷戦」後の展望 ー米中新冷戦?あるいは更なる混沌か?ー
日時
2019年5月30日(木)17:00-18:30 (16:30受付開始)
会場
笹川平和財団ビル11階 国際会議場
(銀座線虎ノ門駅より徒歩1分、あるいは霞ヶ関駅より徒歩5分)
〒105-8524 東京都港区虎ノ門1-15-16(地図
主催
公益財団法人 笹川平和財団 安全保障研究グループ
プログラム

「ポスト冷戦」後の展望 ー米中新冷戦?あるいは更なる混沌か?ー

17:00

開会

17:00-17:10

開会あいさつ 田中伸男 笹川平和財団会長

17:10-18:00

パネルディスカッション
18:00-18:30 質疑応答

18:30

閉会
使用言語
日本語のみ
その他
参加費無料、申込先着順(先着300名様)
お申込について
参加ご希望の方は、5月29日(水)13:00までに、本ページよりお申し込みください。
※ 定員になり次第締め切らせていただきますので、予めご了承ください。
※ お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー・講演会等へご案内する際に使用させていただきます。
※駐車場はございませんので、公共交通機関をご利用ください。お車でお越しの際はお近くのコインパーキングのご利用をお願い致します。
事務局
公益財団法人笹川平和財団 安全保障研究グループ
Tel:03-5157-5294 Email:anpo-seminar@spf.or.jp

※取材についてのお問い合わせは広報課へお願いいたします。
広報課(尾形・上津原・野坂)
Tel:03-5157-5398 Email:spfpr@spf.or.jp
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ