日米同盟の在り方研究

2018年度事業

所属 安全保障事業グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
委託先名
年数 4年継続事業の2年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥7,700,000

事業概要

地域および国際社会の「公共財」としての日米同盟の意義とその中における日本の役割を定義します。研究では、シナリオ・フローを基に各事態で想定される行動およびその課題を抽出し、議論を地域的にも意義的にも拡大し、「公共財」としての「日米同盟の在り方」を研究します。

担当研究者

小原 凡司
財団について
日米交流事業
助成申請
年度
年度
メルマガ登録はこちら
その他一覧

ページトップ