事業紹介

2016年
事業

015 原子力の持続可能性に関する研究

原子力と核の問題は重要性・緊急性を増しています。また、原子力を平和的に利用するためには、核不拡散や核兵器開発への懸念までふまえて議論する必要もあります。そこで、それらをふまえつつ、これから日本はこの問題にどう世界と協力して取り組むべきなのか。中長期的将来の最適な核・原子力政策の在り方を探ります。

本事業の一環として、「日本の原子力平和利用政策」と「核兵器・核不拡散の役割再検証」をテーマとした研究会をそれぞれ実施しています。

事業実施者 笹川平和財団 年数 2年
形態 自主助成委託その他 事業費 59,600,000円
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ