日本・太平洋島嶼国相互協力強化

2021年度事業

所属 安全保障研究グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
年数 3年継続事業の3年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥4,000,000

事業概要

 笹川平和財団がプラットフォームの役割を担い、官民が率直に議論し、意見を交換できるトラック1.5/ 2対話を促進することで、日本と太平洋島嶼諸国の相互理解を深め、太平洋島嶼地域や国際社会の課題に共に取り組むパートナーシップ関係の強化を目指します。また、太平洋島嶼地域政策シンクタンクとして、独自の視点による地域情勢分析や提言を行い、日本の対太平洋島嶼国政策への貢献を図ります。

担当研究者

塩澤 英之
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ