新着情報

2/9 国連生態系回復の10年 -里海再生国際シンポジウム-

募集は終了しました

一覧にもどる

国連生態系回復の10年 -里海再生国際シンポジウム-

2021年から2030年までの10年間は「国連生態系回復の10年」と位置付けられ、地球上の様々な生態系を積極的に回復・再生していくことが求められています。本シンポジウムでは、人と海との関係性により育まれてきた「里海」に焦点を当てながら、脆弱性の高い沿岸生態系の回復や再生について、国内外の事例を学びます。さらに、里海の再生の取組を支える我が国の施策を紹介し、生態系回復の10年における里海再生のスケールアップについて考えていきます。

どなたでも無料でご参加いただけます。(日英同時通訳つき)
皆様のご参加をお待ちしております。

主催 笹川平和財団海洋政策研究所、国連大学サステイナビリティ高等研究所、環境省
 
日時
 
2022年2月9日(水)15:00-17:50
 
会場
 
オンライン(Youtubeにて限定ライブ配信をします。登録後、配信URLを御連絡します)
プログラム
(敬称略)
15:00-15:10
<開会・挨拶>
角南篤(笹川平和財団 理事長)
山口しのぶ(国連大学サステイナビリティ高等研究所 所長) 

15:10-15:40
<第1部 生態系回復の10年と里海について>
・国連生態系回復の10年の概要(国連環境計画 八代真紀子)
・沿岸生態系と気候変動/生物多様性保全(海洋政策研究所 前川美湖)
・里海の保全と再生 (国連大学サステイナビリティ高等研究所 イヴォーン・ユー)

15:40-16:35
<第2部 沿岸生態系回復の事例紹介―日本及び海外からー>
・恩納村の里海づくり―サンゴ礁の保全再生活動(恩納村漁業協同組合 山城正已、(一財)沖縄県環境科学センター 金井恵)
・イタリア・オルベテッロにおける地域の漁業者による生態系管理と保全活動 (Montespertoli Ancient Grains協会 グイド・グアランディ)
・志津川湾における里海保全活動(南三陸町自然環境活用センター 阿部拓三)
・協働によるマングローブ保全:フィリピン・アリータス地域における沿岸コミュニティのレジリエンス強化の鍵(フィリピン大学ロスバニョス校 ディクソン・ゲバナ)

・モデレーター: 海洋政策研究所 赤松友成

―休憩ー

16:45-17:50
<第3部 パネルディスカッション>
モデレーター: 渡辺綱男(国連大学サステイナビリティ高等研究所)
パネリスト:小林誠(環境省自然環境局自然環境計画課)
      川﨑俊正(国土交通省港湾局海洋・環境課港湾環境政策室)
      金子守男(水産庁漁場資源課生態系保全室)
      山城正已
      阿部拓三  
閉会挨拶: 奥田直久(環境省自然環境局 局長)

*登壇者は予告なく変更することがあります。

プログラムの詳細についてはこちらをご覧ください。
参加費 無料
お申し込みについて 参加ご希望の方は本ページよりお申込みください。 お申込みいただいた皆様には、お申込受付のメールにてYouTube限定ライブ配信のURLをご案内いたします。
【お問い合わせ先】
(公財)笹川平和財団 海洋政策研究所(豊島・秋山)
お問い合わせはこちら
tel.03-5157-5210
メールでのお問い合わせはこちら

※取材のお問い合わせはコミュニケーション企画部広報課へお願いいたします。
コミュニケーション企画部広報課 Tel:03-5157-5389 Fax 03-5157-5420
メールでのお問い合わせはこちら

◎個人情報の取り扱いについて
皆様からお知らせいただいている個人情報は、海洋フォーラムや海洋政策研究所主催の講演会等の開催案内に用います。
個人情報につきましては、適切に管理され法令による場合を除いて第三者に提供や開示は致しません。

募集は終了しました

ページトップ