新着情報

第186回海洋フォーラム「海の気候変動とノーベル物理学賞~COP26に向けて」

一覧にもどる
【最新回】

第186回海洋フォーラム「海の気候変動とノーベル物理学賞~COP26に向けて

 


 大気中の二酸化炭素濃度の増加にともなう地球温暖化は、海面水位上昇や海洋熱波などを通して海洋環境にも大きな影響を与えています。ノーベル物理学賞を受賞された真鍋淑郎博士は、1960年代から大気や海洋の循環を数値化して予測シミュレーションを行う研究を進められ、現在の地球温暖化研究の基盤を作られました。

 そこで、今回の海洋フォーラムでは、真鍋博士のノーベル賞受賞の機をとらえ、あらためて海の気候変動問題について考えてみたいと思います。真鍋博士と親交のある山形俊男・東京大学名誉教授にその受賞の意義を海の気候変動の視点からご紹介いただきます。また、11月1日から国連気候変動枠組条約(COP26)が英国グラスゴーで開催されることを踏まえて、我々が取り組むべき課題について、海洋科学の推進や国際協調の観点からパネルディスカッションで議論を深めます。
 

日時 2021年10月28日(木)17:00~18:30
開催方法 今回の海洋フォーラムはYouTubeにて配信いたします。
テーマ 海の気候変動とノーベル物理学賞~COP26に向けて
登壇者 講演 山形 俊男(東京大学名誉教授/笹川平和財団海洋政策研究所特別研究員)

パネルディスカッション パネリスト
 山形 俊男(東京大学名誉教授/笹川平和財団海洋政策研究所特別研究員)
 升本 順夫(東京大学大学院理学系研究科教授)
 角南  篤 (笹川平和財団理事長)
モデレーター
 前川 美湖(笹川平和財団海洋政策研究所主任研究員)
参加費 無料
お申込について  参加ご希望の方は本ページよりお申込みください。 お申込みいただいた皆様には、お申込受付のメールにてYouTube配信のURLをご案内いたします。なお、お申込みの際、以下の点についても必ずご確認いただきますようお願い申し上げます。

【お申込みにあたり】
・お申込み後、仮登録確認メールが届きますので、メールにある登録完了用URLをクリックし登録を完了してください。

・最後まで登録されておらず、フォーラム当日にお申込みの問合せが大変多くなっております。大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご登録手続きを最後まで進めていただきますようお願い申し上げます。

・仮登録確認メールが届かない場合は、spfpr@spf.or.jp からのメールが迷惑メールに設定されている場合がございます。あらかじめ迷惑メールの設定を解除いただきますようお願いいたします。また、入力したメールアドレスが間違っている場合もございますので、再度お申込み手続きを行っていただきますようお願いいたします。
【お問い合わせ】
海洋政策研究所
お問い合わせはこちら
tel.03-5157-5210
メールでのお問い合わせはこちら

※取材のお問い合わせはコミュニケーション企画部広報課へお願いいたします。
メールでのお問い合わせはこちら
tel:03-5157-5389
ページトップ