新着情報

10/8 海底ケーブル開発と安全保障上の展望:太平洋の島々から北極海まで

募集は終了しました

一覧にもどる

海底ケーブル開発と安全保障上の展望:太平洋の島々から北極海まで

 今日の複雑な地政学的な変動により、海底ケーブルネットワークの安全性と構造的完全性が安全保障上の主要な懸念事項となっています。しかも、その対象は海洋のみならず、太平洋島嶼国や北極圏などのあらゆる地域にわたっています。実際に太平洋島嶼国における光ファイバーの接続状況がこの10年間で格段に向上するなどの海底ケーブルネットワークを巡る世界的な潮流を受けて、これまで必ずしも中核的な位置づけでは無かった太平洋島嶼国は脚光を浴びつつある状況です。しかし、海底ケーブルネットワークの拡大はオーストラリアや米国などの当該地域における主要国が新たな海底ケーブルネットワークの大国となりつつある中国に対して、外交上の影響力やインフラ上の地位を争う場ともなっています。その結果、「安全保障上の懸念」を理由として、いくつかの海底ケーブル敷設プロジェクトが中断や転用、再構築されています。

 また、北極圏においても、海水温の上昇と技術の進歩を背景に北極海を横断する海底ケーブルルートが実現しつつあり、北東航路に沿って北欧とロシア、日本、中国、北米を結ぶ新しいデータハイウェイはインターネットの脆弱性を軽減すると同時に、地域がより発展する可能性を切り拓くことが期待されています。そのため、北極圏におけるステークホルダーが協力するインセンティブは確固たるものである一方で、太平洋島嶼国と同様にその価値の上昇は安全保障上の懸念と地政学的代数によって相殺されているのが現状です。

 このような状況を踏まえ、本セミナーは今後伸張が期待される海底ケーブルネットワークの可能性について、海外の気鋭の研究者を招へいし、その課題を考察することを目指します。
 

日時 2021年10月8日(金)15:00~17:00
 
会場
 
なし(今回のセミナーはYouTubeにて配信いたします。)     
 
テーマ
 
海底ケーブル開発と安全保障上の展望:太平洋の島々から北極海まで
プログラム
(敬称略)
 
開会挨拶:阪口 秀(海洋政策研究所長)
趣旨説明:赤松友成(海洋政策研究所海洋政策研究部長)
報 告 ①:アマンダ・H・A・ワトソン(オーストラリア国立大学アジア太平洋学部太平洋学科研究員)
報 告 ②:ダリア・シュベッツ(ポンペウ・ファブラ大学法学部兼任教授)
質疑応答・討論(進行:ファブリツィオ・ボッツアート(海洋政策研究所特任研究員))
閉会挨拶:角南 篤(笹川平和財団理事長)

注)登壇者、演題については予告なく変更することがありますので、予めご了承ください。
申し込み方法 下記参加申込みボタンよりお申込みください。
主催 笹川平和財団海洋政策研究所
参加費 無 料
お申し込みについて 参加ご希望の方は、10月7日(木)18時までに、本ページよりお申込みください。本登録後、開催日の10月8日(金)11時を目途に、参加用URLをご案内いたします。
※日付・時刻は全て日本時間(JST)です。

お申込みの際、以下の点についても必ずご確認いただきますようお願い申し上げます。

~お申込みにあたり~
・お申込み後、仮登録確認メールが届きますので、メールにある登録完了用URLをクリックし登録を完了してください。

・最後まで登録されておらず、イベント当日にお申込みの問合せが大変多くなっております。大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご登録手続きを最後まで進めていただきますようお願い申し上げます。

・仮登録確認メールが届かない場合は、spfpr@spf.or.jp からのメールが迷惑メールに設定されている場合がございます。あらかじめ迷惑メールの設定を解除いただきますようお願いいたします。また、入力したメールアドレスが間違っている場合もございますので、再度お申込み手続きを行っていただきますようお願いいたします。

・お申込みの際に皆様からいただく個人情報は、当財団の主催または後援によるセミナー・講演会等へご案内する際に使用させていただきます。
【お問い合わせ先】
(公財)笹川平和財団 海洋政策研究所
お問い合わせはこちら
tel.03-5157-5210
メールでのお問い合わせはこちら

※取材のお問い合わせはコミュニケーション企画部広報課へお願いいたします。
コミュニケーション企画部広報課 Tel:03-5157-5389 Fax 03-5157-5420
メールでのお問い合わせはこちら

◎個人情報の取り扱いについて
皆様からお知らせいただいている個人情報は、海洋フォーラムや海洋政策研究所主催の講演会等の開催案内に用います。
個人情報につきましては、適切に管理され法令による場合を除いて第三者に提供や開示は致しません。

募集は終了しました

ページトップ