新着情報

3/24 第179回海洋フォーラム「瀬戸内海の海洋ごみ問題の解決に向けて―中学生・高校生の挑戦」

募集は終了しました

一覧にもどる
【最新回】

第179回海洋フォーラム「瀬戸内海の海洋ごみ問題の解決に向けて―中学生・高校生の挑戦」

 

 
 山陽学園中学校・高等学校の地歴部では、2008年から瀬戸内海の海洋プラスチックや海底ごみの問題に着目し、その解決に向けて回収活動と啓発活動を行っています。たとえば、公的な回収者が不在であり海底に堆積することで目視が不可能である海底ごみについて、地元の漁業者と協力した回収活動などを続けています。ジャパンSDGsアワード特別賞(2018年)やイオンエコワングランプリ内閣総理大臣賞(2020年)などでも評価された、これら取組みについて、地歴部顧問の井上貴司教諭と生徒たちに講演をいただきます。
 また、講演後には、井上教諭に加え、笹川平和財団の角南篤理事長や(一社)3710Lab(みなとらぼ)を主宰し、海とヒトとを学びでつなぐ取組みを行っている東京大学大学院教育学研究科附属海洋教育センターの田口康大特任講師を交えたパネルディスカッションを開催します。

日時 2021年3月24日(水)17:00~18:30
開催方法 今回の海洋フォーラムはYouTubeにてライブ配信いたします。
テーマ 瀬戸内海の海洋ごみ問題の解決に向けて―中学生・高校生の挑戦
登壇者 井上 貴司(山陽学園中学校・高等学校教諭/同校地歴部顧問)
山陽学園中学校・高等学校地歴部生徒の皆さん
田口 康大((一社)3710Lab主宰/東京大学大学院教育学研究科附属海洋教育センター特任講師)
角南 篤 (笹川平和財団理事長)
※田口特任講師および角南理事長はパネルディスカッションのみの参加となります。
参加費 無料
お申込について 参加ご希望の方は本ページよりお申込みください。 お申込みいただいた皆様には、お申込受付のメールにてYouTube配信のURLをご案内いたします。なお、お申込みの際、以下の点についても必ずご確認いただきますようお願い申し上げます。

【お申込みにあたり】
・お申込み後、仮登録確認メールが届きますので、メールにある登録完了用URLをクリックし登録を完了してください。

・最後まで登録されておらず、フォーラム当日にお申込みの問合せが大変多くなっております。大変お手数をおかけして申し訳ありませんが、ご登録手続きを最後まで進めていただきますようお願い申し上げます。

・仮登録確認メールが届かない場合は、spfpr@spf.or.jp からのメールが迷惑メールに設定されている場合がございます。あらかじめ迷惑メールの設定を解除いただきますようお願いいたします。また、入力したメールアドレスが間違っている場合もございますので、再度お申込み手続きを行っていただきますようお願いいたします。
【お問い合わせ】
海洋政策研究所
お問い合わせはこちら
tel.03-5157-5210
メールでのお問い合わせはこちら

※取材のお問い合わせはメディアリレーション課へお願いいたします。
メールでのお問い合わせはこちら
tel.03-5157-5398

募集は終了しました

ページトップ