新着情報

10/13 第175回海洋フォーラム「ポスト2020生物多様性枠組交渉から考えるこれからの海洋生態系の保全・管理」

募集は終了しました

一覧にもどる
【最新回】

第175回海洋フォーラム「ポスト2020生物多様性枠組交渉から考えるこれからの海洋生態系の保全・管理」

 
 2021年5月に中国の昆明で開催予定の国連生物多様性条約第15回締約国会議では、2010年に合意された生物多様性の損失を止めるための10年間の戦略目標である「愛知目標」に続く、今後の世界の中長期的な生物多様性の保全と持続可能な利用に関する目標が採択されます。9月15日に公表された「地球規模生物多様性概況第5版」では、20の愛知目標のうちただ一つも完全には達成されておらず、さらなる取組みの強化が必要であるとされています。

 そこで、今回の海洋フォーラムでは、ポスト2020の新しい枠組みに関する交渉が各国間で進む中、国連大学サステイナビリティ高等研究所プログラムコーディネーター柳谷牧子氏に、国連大学や環境省からこの交渉に従事されたご経験や今後の海洋生態系の保全・管理のあり方にについてご講演いただきます。また、講演後には、柳谷氏に加え、名古屋大学大学院環境学研究科香坂玲教授および笹川平和財団海洋政策研究所前川美湖主任研究員による座談会も開催いたします。

日時 2020年10月13日(火)17:00~18:30
開催方法 今回の海洋フォーラムはYouTubeにて配信いたします。
テーマ ブルーカーボン生態系の持つ環境価値の持続可能な利用に向けて
登壇者 柳谷 牧子氏(国連大学サステイナビリティ高等研究所 プログラムコーディネーター)
香坂 玲氏(名古屋大学大学院環境学研究科教授)
前川 美湖(笹川平和財団海洋政策研究所主任研究員)
※香坂教授および前川主任研究員は座談会のみにご参加いただきます。
参加費 無料
お申込について 参加ご希望の方は本ページよりお申込みください。 お申込みいただいた皆様には、お申込受付のメールにてYouTube配信のURLをご案内いたします。
【お問い合わせ】
海洋政策研究所
お問い合わせはこちら
tel.03-5157-5210
メールでのお問い合わせはこちら

※取材のお問い合わせはメディアリレーション課へお願いいたします。
メールでのお問い合わせはこちら
tel.03-5157-5398

募集は終了しました

ページトップ