新着情報

9/3 【ウェビナー】海洋基盤を通じた経済再生と海洋政策対話に向けた展望

募集は終了しました

一覧にもどる

【ウェビナー】海洋基盤を通じた経済再生と海洋政策対話に向けた展望
概要 コロナ禍での経済再生を目指すブルー・リカバリー(海洋を基盤とする経済再生)をどのように推進しうるのか。「ブルー・リカバリー・シリーズ」第3回では、今後の国際海洋会議における合意形成や国際協力推進に向けた課題や展望に焦点を当て、第1回「アジア太平洋における海洋を基盤とする力強い経済再生を目指して(7月23日)」、第2回「アジア太平洋における海洋を基盤とする力強い経済再生を目指して(8月26日)」での議論を更に展開します。このウェビナーは、笹川平和財団海洋政策研究所が、日本財団、エコノミスト・グループとの共催で、3回シリーズの第3回目となるオンライン・セミナーとして開催いたします。

概要は以下の通りです。皆様のご聴講をお待ち申し上げます。
主催者 笹川平和財団海洋政策研究所、日本財団、エコノミスト・グループ
開催方法 エコノミスト・グループによるオンライン・プラットフォーム
開催日 2020年9月3日(木)
プログラム 第3回 海洋基盤を通じた経済再生と海洋政策対話に向けた展望
日 時:2020年9月3日(木)21:00~22:30(JST)
 
20:45
サイトの公開
21:00
導入挨拶 チャールズ・ゴッダード エコノミスト・アジア太平洋編集主幹
開会挨拶 角南篤 笹川平和財団 理事長/海洋政策研究所 所長
 
21:05
基調講演パネル
講演者:
衛藤 晟一 海洋政策担当大臣
リカルド・セラン・サントス ポルトガル海洋大臣
ピーター・トムソン 国連事務総長海洋特使

司会:
チャールズ・ゴッダード エコノミスト・アジア太平洋編集主幹

質疑応答
21:45
ハイレベルパネル
パネリスト:
レナ・リー 国家管轄権外区域海洋生物多様性協定政府間会議議長・シンガポール外務省海洋・海洋法大使・特使
オライ・ウルドング パラオ国連大使
ティアゴ・ピタ・エ・クンハ オセアノ・アズール財団理事長
石井 菜穂子 東京大学グローバル・コモンズ・センター所長
角南 篤 笹川平和財団理事長/海洋政策研究所所長

司会:
チャールズ・ゴッダード エコノミスト・アジア太平洋編集主幹
 
22:30
閉会
申込方法 エコノミスト・グループのサイトよりお申込みください。なお、7月23日の第1回ウェビナーまたは8月26日の第2回ウェビナーの際に、第3回ウェビナーの参加登録をされた方は再度登録する必要はございません。

お申込みサイト
日本語:https://response.economistevents.com/blue-recovery-series-jpn
英語:https://response.economistevents.com/blue-recovery-series-eng
 
その他 日英逐次通訳付。参加無料、要登録。

英語サイトでお申し込みされた場合、後日英語でメールが送られます。
日本語サイトでお申し込みされた場合、後日日本語でメールが送られます。
【お問い合わせ】
海洋政策研究所
お問い合わせはこちら
tel.03-5157-5210
メールでのお問い合わせはこちら

募集は終了しました

ページトップ