新着情報

12/12 第147回海洋フォーラム「地政学から見た海洋安全保障―北朝鮮問題を事例として―」

一覧にもどる

【最新回】
第147回海洋フォーラム「地政学から見た海洋安全保障―北朝鮮問題を事例として―」
日時 2017年12月12日(火)17:00~18:30(受付開始16:30)
会場 東京都港区虎ノ門1-15-16 笹川平和財団ビル 11階国際会議場
(東京メトロ銀座線 虎ノ門駅下車 出口4 徒歩1分)
講師 奥山 真司氏(国際地政学研究所 上級研究員)

 昨今の北朝鮮をめぐる政治的・軍事的な緊張の高まりに伴い、アメリカが航空母艦を中核とする空母打撃群(CSG)を日本海に展開させたり、最新鋭のF-35戦闘機を沖縄・嘉手納基地に配備したりするといった具体的な行動が行われた結果、朝鮮半島有事の際に求められる軍事的オプションに対する関心が高まっています。特に海上封鎖をはじめとする海洋安全保障上の方策については、我が国や中国、ロシア、韓国などの周辺国に多大な影響を与えることが予想されます。

 そこで、今回の海洋フォーラムでは、このような北朝鮮問題を事例として、海洋安全保障について地政学の観点から考えます。

【お問い合わせ】
海洋政策研究所
お問い合わせはこちら
tel.03-5157-5210
メールでのお問い合わせはこちら
ページトップ