一覧にもどる

その他 2016年発行:平和構築に向けた女性のリーダーシップとエンパワーメント

カテゴリー区分 その他
発行 2016.04
著者/編者 我喜屋まり子 エイミー・チウ・ウー タラ・アル=ローザン
金額 このページからダウンロードいただけます。

平和構築に向けた女性のリーダーシップとエンパワーメント

これまで平和構築において、女性は保護される側、被害者として語られることが多かった。またジェンダー平等は、女性が男性と平等な権利を獲得するという、基本的人権としての側面が強調されてきた。しかしながら近年この傾向は大きく変わりつつある。2000 年に国連安全保障理事会にて採択された決議 1325 号「女性・平和・安全保障」は「あらゆるレベルの意思決定における女性の平等な参加」 を促進することで、これまでの戦争・武力紛争の被害者としてのみとらえられてきた女性を、和平交渉および平和構築に重要な役割を果たすアクターとしてとりあげたのである。これはそれまでの女性のエンパワメントや
フェミニズムの流れからの大きな方向転換と言える。

ジェノバ大学院研究所が2011年から2015年におこなった冷戦以来の和平プロセスについての研究によると、女性のグループが和平交渉において強い影響力を及ぼした場合、女性グループの影響力が無いまたは弱い場合に比べて極めて交渉の成功率が高い。それだけでなく、女性グループが強い影響力を及ぼした場合は殆どの場合に和平交渉が成立し、その後の和平合意プロセスが実施される可能性が高い、としている。また別の調査では、和平合意プロセスの構築に女性が参加すれば、和平が15年以上継続する可能性が35%高まることも示されている。これまで当たり前のものとして議論の俎上に上がってこなかった男女
の主体性の違いが、このように平和構築や持続的開発に果たしうる役割の面から論じられるようになってきたのは大変意義のあることと歓迎したい。

本報告書はこ笹川平和財団よりハーバード大学で研究活動を行う我喜屋まり子氏らに調査依頼したものである。我喜屋氏は女性のリーダーシップの専門家であり、この報告書では変革型リーダーシップおよびチェンジ・エージェントとしての女性の役割に着目し、平和と安全のための女性の役割を多くの文献、研究、インタビュー等よりまとめあげている。女性が如何なる状況でどの様な支援を得られればシビルソサエティと政治の舞台における重要な触媒となり得るか、世界中の豊富な事例より分析して頂いた。世界が不安定さを増し分断を強める中で、是非一人でも多くの方々にお読み頂き、女性が積極的に平和構築に果たしうる役割について考えて頂くための一助となれば幸いである。


笹川平和財団

女性活躍事業グループ 小木曽 麻里

ダウンロード (日本語) 女性のリーダーシップと平和構築_2016年.pdf

Download PDF (1.4MB) Women's Leadership and Empowerment for Peacebuilding(revised).pdf


Women's Leadership and Empowerment for Peacebuilding.pdf (11.7MB)
もくじ

1. 要旨 .................................................................... 1
1.1 研究の目的
1.2 研究の方法
1.3 各節の概要
1.4 結論
2. 女性のリーダーシップとエンパワーメントの進展 ............................. 8
2.1 フェミニスト運動:その歴史と発展
2.1.1 女性の地位委員会(CSW)
2.1.2 国連ウィメン
2.2 リーダーシップ理論:概論
2.3 女性のリーダーシップ、ディベロプメント、エンパワーメント
2.3.1 フォレットの関係性リーダーシップ理論
2.3.2 フェミニストのリーダーシップ
2.3.3 女性とディベロプメント
2.3.4 女性とエンパワーメント
3. 女性のエンパワーメントの恩恵:持続可能な開発目標のための 2030 年アジェンダ達
成に向けた変革の諸局面の概要 ............................................... 22
3.1 グローバルリーダーおよび変革型リーダーとしての女性
3.2 経済の牽引役としての女性
3.3 チェンジ・エージェントとしての女性
3.4 女性のリーダーシップとエンパワーメントの変革を可能にする方法
4. 人道上の危機下における平和と安全のための女性の役割 ...................... 32
4.1 序論と背景
4.2 国際的な機運
4.3 和平交渉における女性の利点と貢献
4.4 女性の和平プロセス参加の障壁
4.5 前進する方法
5. 結論:平和の確保と維持のための女性のエンパワーメントと持続可能な開発の推進 .... 49
参考文献 .................................................................. 51
付録 ...................................................................... 63
付録 1:歴史およびリーダーシップ理論
付録 1A:CSW の歴史
付録 1B:リーダーシップに関する理論の歴史
付録 1C:女性のディベロプメント、リーダーシップ、エンパワーメントの理論の概要
付録 1D:2015 年版世界男女格差報告書:世界経済フォーラム(WEF)
付録 2:平和と安全保障に従事する女性たちに貢献している重要な出来事(北京宣言以降)
付録 3:暴力の犠牲となった女性平和活動家
付録 4:シリア難民のニーズ評価の調査結果
付録 5:非ヨルダン人の人口分布を国籍別に示したヨルダン地図

図 1 「女性のエンパワーメント」と「女性のリーダーシップ」に関連する引用の回数
図 2 リーダーシップ・グリッド
図 3 持続可能な開発目標の 6 つの重要要素
図 4 個人の変革、関係性の変革、企業の変革における相互連関性
図 5 女性は経済成長の重要な牽引役
図 6 フォーチュン誌が選ぶ 500 社において女性取締役が好業績に連動
図 7 議会における女性

表 1:リーダーにとって極めて重要な特性と技術
表 2:変革型リーダーの特徴
表 3:女性のリーダーシップ拡大のための提言
表 4:和平プロセスにおける女性の全体的な影響力

メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ