起業を通じたジェンダー課題解決

2019年度事業

所属 ジェンダーイノベーション事業グループ
実施者 笹川平和財団
団体所在国 日本
年数 5年継続事業の1年目
事業形態 自主事業
事業費 ¥18,000,000

事業概要

東南アジアではヘルスケアや教育へのアクセス、家庭での意思決定を妨げる社会的規範など、様々な面において存在するジェンダーギャップが、それぞれの女性が持っている最大限の力を発揮する妨げになりかねません。これらの課題は長年政府やNGO、NPOにより取り組まれてきましたが、起業はこれらのジェンダーギャップに対して、市場原理に基づいた新しく、革新的な解決策を提供できる可能性があります。 起業を通じたジェンダー課題解決プロジェクトは、国連アジア太平洋経済社会委員会(ESCAP)や他の国際的なパートナーと協働し、東南アジアにおいて女性の生活を改善している50名の起業家を特定し、毎年10名を5年間にわたり紹介するものです。これらの起業家を表彰しビジネスの拡大のために必要な支援を提供することで、地域内における一層のジェンダー平等と女性のエンパワーメント促進を目指します。

担当研究者

 
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ