研究員紹介

2019年4月1日現在

塩澤 英之
安全保障研究グループ
主任研究員
しおざわ ひでゆき
塩澤 英之

専門分野

・ 太平洋島嶼国(外交、政治、経済、開発など)

略歴

茨城県日立市出身。茨城大学大学院理工学研究科修士課程修了。 1996年ザンビア青年海外協力隊員(理数科教師)、零細企業勤務を経て、2003年青年海外協力隊短期隊員としてマーシャル諸島に赴任。以降、2006年より在マーシャル日本大使館専門調査員、2009年より笹川平和財団研究員(笹川太平洋島嶼国基金)、2012年より在フィジー日本大使館一等書記官(フィジー、バヌアツ、キリバス、PIFなど担当)を歴任し、2015年11月より現職。 2003年以来、太平洋島嶼国のさまざまな立場の人々と対話を続け、課題解決に取り組んでいる。ブログ「スポンジボブはマーシャル生まれ?」http://blog.canpan.info/spinf_shio/

担当事業

ミクロネシア海上保安人材強化
パラオ環境配慮型ツーリズム
新時代の日本・太平洋島嶼国対話
大洋州経済協力を巡る情勢変化
メルマガ登録はこちら
関連ページ

笹川太平洋島嶼国基金

上記の笹川太平洋島嶼国基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川汎アジア基金

上記の笹川汎アジア基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川日中友好基金

上記の笹川日中友好基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

関連ページ

笹川中東イスラム基金

上記の笹川中東イスラム基金のページでは、2017年度までの事業活動を紹介しています。

  • Facebook
  • Twitter
  • LINE
  • はてな

ページトップ